ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円ニューヨーク市場で買い戻し、
大きなイベント終え一服感が漂う

2020年09月18日(金)15:12公開 (2020年09月18日(金)15:12更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は日銀の会合があったが注目度は低く、前日のFOMCのマーケットでの消化具合を確かめるのが優先された。FRBの主張している長期にわたる金融緩和が、どの程度まで資本市場に影響を与えるのかどうか。もしも影響が出るとすれば、それは中長期的なものになる。果たしてそれは高騰している米国株にとって、一段高のチャンスなのかどうか。

 BOEの金利会合もあった。これも日銀同様に注目度は薄かったのだが、会合の中でマイナス金利の効果についても議論されたようだ。それでポンドは緩い状況を強いられたが、ニューヨーク時間を通じて元のレベルにまで押し上げられている。ポンドの下がる要因としては、今となっては金利動向よりもBREXITの混乱の度合いのほうが大きいようだ。

 米国株はアジア時間のグローベックスセッションから大きく値下がりを示していた。これがFOMC後の反応を試す指標でもある。ニューヨーク時間のコアタイムでその安値を下回ってくることが期待された。

 しかし、安値攻めの動きは限定的なものにとどまった。リスクに敏感とされるユーロ円もアジア時間から下げ基調が明確になってきていたのに、ニューヨーク時間ではやや買い戻し。ドル円も下げづらくなっている。

 金利会合などの大きなイベントを終えて、今日のマーケットは一服感が漂いそうだ。日本も4連休に入る。ドル円が新安値となる104.50を下回ってくるとか、ユーロ円が120円ちょうどを下回ってくるとかしない限りは、それまでは出動せずに休んでしまってもいいのではないか。


日本時間 15時00分

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る