ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

上値は重くユーロ円も上値攻め失敗、
近づく大統領選期日に向け現実を見つめだす

2020年10月28日(水)15:06公開 (2020年10月28日(水)15:06更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 前日に105円台まで戻していたドル円であったが、昨日はまったく上がるムードに欠けていた。クロス円が重い足取りだったのだ。どくにユーロ円の上値攻めにおいて124円ちょうどを取り戻せなかったのが大きかった。

売りそびれた人びとがこぞってオファーに参加。それがクロス円全般を重くしたようである。そもそもリスクオフ気味であったので、クロス円のロングに は調整圧力がかかっていた。

 欧州時間でもクロス円の重さは払拭できず、ユーロ円は再び124円を目指すものの失敗。ニューヨーク時間では123円台の前半まで押し込まれ、今日の早朝には122円台に突っ込んでいる。

 昨日は米企業決算がいくつか出てきたが、いずれも事前のアナリスト予想を上回る利益を捻出していた。しかしコロナ感染の再拡大もあって、業績見通しは出せないままだ。そこに市場の不安心理が増幅したのであろう。予想を上回っても、株価は素直に上がらなかった。それまでに期待の分が大きく先行して価格に織り込まれていたのもあるのだろう。

 また夏場以降に続いてきたワクチン開発を先取りしたリスクテークも、ややおさまってきたようだ。ワクチン開発には時間がかかるものだとされてきたのだが、それが年内にも、大統領選前にもと、いいとこ取りだけが目立つ動きだった。

 実際に治験に失敗したり、開発が遅れたりすると、現実が見えてくる。来年のオリンピックにすら間に合うかどうかもわからないのが実情である。昨日は大手製薬の決算発表も、それを裏付けることとなった。

 米国株は前日の大幅安から反発する局面もあったものの、ラスト1時間でさらに下押し。ワクチン開発も追加景気対策の早期成立も、大統領選挙の投票日を間近にひかえて現実を見つめる時期が来たようだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る