ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗編集スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

七夕だけど空には厚い雲、
今晩もサッカーに合わせてトレード!

2010年07月07日(水)19:19公開 (2010年07月07日(水)19:19更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日の欧州市場のスタートは、アジア市場の後半での力強いリスクテークの動きをモロに受け継いだ。久しぶりに欧州株は勢いよく上伸し、リスクテーク局面では買われやすいクロス円、ドル円は、すでにアジア時間に上昇してきたのだが、さらに一段高となった。先週はずっとリスク回避に一辺倒だったため、ショートカバーにも勢いがついたという感じなのだろう。

 私はリスク回避の動きはかなり根強いと思っているし、ドル円、クロス円については基本はベアスタンスでいる。しかし戻りに勢いのある時にはその波に乗りたいとちょっと邪(よこしま)なことを考えて、昨夕にドル円が時間足の上値レジスタンスを抜けてきたところでドル円ロングのポジション(@87.70)をつくってみた。ロスカットは昼間のアジア市場の安値近辺の87.35に置いて、米国市場でのリスク回避の巻き戻しを期待して、88円台ミドルくらいをターゲットにしていた。

 欧州株は好調なスタートを切った後も息切れすることなく高値圏をキープできていて、ユーロ円も先週の高値110.40近辺を抜けてきた。ドル円もそれなりに調子よく87円台後半までは来たのだが、なかなか88円台には乗せてこない。なんだか上向きに勢いが出てこないあたりが、ちょっと不安になってきた。しかし米国オープンまで待ってみることにした。

 22時台になっても相変わらずドル円はずっと87.80−90のあたりをウロウロしているだけだった。88円台に乗せてくればさらに弾みがつくのだろうが…。このままだと力尽きて反落してくるかもしれない。米国株もスタートこそは大幅反発となったのだが、なんだが妙に重たい。ドル円は87.70台をつけはじめた。嫌な感じだ。私はポジションをクローズして逃げた。

 するとISM非製造業の数字が出るとドル円は87円台ミドルまで沈んできた。まさに間一髪!しかしみるとまださほどクロス円は反応していなかった。ともかく一度撤収して、オランダウルグアイ戦を観戦しつつ、また再チャレンジすることにした。試合に合わせて起きてみると、ニューヨーク市場の午後はまたリスク回避方向に引っ張られていて、ドル円、クロス円も売られてきていた。
 そのなかではユーロはあまり落ちず、ユーロ円は110円台をしっかりキープ。フランス中銀の総裁が仏銀行は「ストレステストは問題なく通過」としたことが材料視されていた。しかしどうせそのうち、これを打ち消すような話しも出てくるような気がしてならないのだが…。

 ちょっとだけユーロ円を売って(@110.35)みた。しかしアジア市場でもしぶとく110円台にステイし続けていた。ようやくお昼過ぎに109円台まで下落したがすぐに回復してきた。もう諦めて私は一度ポジションをスクエアに戻した。

 今晩もサッカーワールドカップの準決勝くらいしか(笑)大きなイベントがない。欧州序盤もリスク回避方向で始まったため、ドル円は87円ちょうど付近、ユーロ円も109円前半まで下落したが、そこで止まってしまった。

 先週あれだけ売られた割りに戻りは、昨日の米国株の戻りは弱々しいものだったので、今晩はどうなっていくのか確かめたいところなのだろう。私も米国株オープン少しだけ見て休んだあと、またドイツスペイン戦にあわせてニューヨークの午後以降に何かできればというスタンスでいる。


日本時間 19時00分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング トレーディングビュー記事
メキシコペソ比較 トルコリラスワップポイントランキング トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る