ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

初のドル円100円割れもCB景況感だった。
さて今晩は!?

2010年09月28日(火)19:39公開 (2010年09月28日(火)19:39更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日の欧州市場がはじまり、ムーディーズによるアイルランドの大手銀行の格下げが伝わってきた。ユーロ売りとなり、欧州株も弱めとはなったが、大きくリスク回避に動くこともなかった。ちょっとくらいユーロ圏の信用不安の話しは、すでに織り込み済みと考えるべきなのだろう。ドル円は相変わらず、84円台前半に張り付いていた。

 海外市場で予定されている経済イベントは少なかった。ユーロドルはアイルランドの銀行の格下げ話しにもめげずに切り返してきて、ニューヨーク市場の朝方には、すでに1.34台後半まで戻して高値を更新。あと数ポイントで1.35ドル台となってきた。ユーロドルが1.35台に乗せてくればそれなりに緊張感も出てくるし、そこからユーロドルロングでついていくかどうか考えようと思った。

 ところが、ふだんはさほど注目されないアメリカの地区連銀のデータが悪かったことで、クロス円は下落。クロス円主導でユーロドルも1.3470あたりまで下がった。ただまったく迫力はなく、少し買い戻しが入ると、あれよという間に1.35台をつけた。緊迫感を持って画面を見つめたのに、次の瞬間にはすぐに失速…。しばらく眺めていたが、また1.34台ミドルへ逆戻り。ストップ狙いのかなりどうでもよい動きだったのかもしれない。

 あまり動かなそうな時に一生けん命になっても徒労に終わるだけなので、早々に就寝した。朝早く起きて見たが、とても動きのない相場だったようだ。その後のニューヨーク時間のユーロドルの値幅は40ポイント程度。ドル円にいたっては、たったの20ポイントだった~!
 振り返ってみると、9月はアクティブなリスク回避への動きが鈍く、結果的に欧米の株価は高値圏をキープし続けた感じである。すでにマーケットは第三四半期の決算シーズンとなる10月相場を睨んでいて、このまま行けば陽線で終わりそうな株価をキープしつつ、静かに終わって欲しいという向きも多い感じがする。

 しかしそういう時にこそ動きが出てしまうものかもしれない。ドル円が初めて100円を割り込んだのは1994年だが、この時のきっかけもCB景況感だった。本日はアメリカの住宅価格、そしCB景況感指数が出る。今晩の23時の結果には要注意だ。そもそもドル円はまったく動きがないが、金価格が1300ドルの最高値付近に張り付き続けているのは、それだけドルの先安観が強いからだろう。中期的に私はドル売り体制で見ている。


日本時間 19時20分
GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る