ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?


ドルはどこまで下がるのか? (16)

2008年05月30日(金)14:48公開 (2008年05月30日(金)14:48更新)
ザイFX!編集部

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!


「ドルはどこまで下がるのか? (15)」からつづく)

 最後に、FXで野村さんオススメのトレード方法、投資方法を聞いてみた。

オススメの1つはデイトレだという。

 「為替の1ヵ月の値幅が5円だったとしましょう。その間、行ったり来たりを全部取れたとすると50円ぐらいになるんです。要するに1ヵ月先を見るよりも、目の前を見ている方が簡単なんですよ」

 だけど、行ったり来たりを取るのに苦労して、往復ビンタにあってる人も多いと思うんですが…。

 「ならば、高金利通貨の長期保有ですね。豪ドルやニュージーランドドル、南アフリカランドを買うことです。特に南アフリカランドはいいと思いますよ」
■為替で50%やられても、金利が200%つけばいい

 最近もよくネット証券会社などで売っている南アフリカのランド債。その昔、FXというものが存在しなかったころから、野村さんはランド債を買っていたそうだ。

 「たとえば、15年ぐらい持っているランド債があるんですが、これは年率13%台で金利がついてます。単純に考えて、15年で金利が200%ぐらいついてるわけですよ。これはランドが26円の時に買ったんです。今は13円台ですから、ざっと50%もランド安になってます。だけど、為替で50%やられても、金利が200%もついていればいいでしょう?」

 為替レートだけを見ると大損したように見えても、金利でそれをはるかに上回るリターンがあるというわけだ。
 「高金利通貨を買うなら、低レバレッジで長期投資することです。途中で相場が急変してもロスカットにならないように低レバレッジでやるべき。ロスカットになりそうになったら、また、資金を注ぎ込めるぐらい余裕があった方がいいです。そうすれば、そのうち復活してきます。

 先ほど言ったランド債は債券だから、レバレッジがかかっていません。つまり、レバレッジ1倍です。もしも、FXでやるならレバレッジは2~3倍ぐらい、まあ、2倍でいいでしょう

■アタマを使わずにバフェットになれる方法

 「今、ランドの政策金利は11.5%。ざっと10%だとしましょう。レバレッジ2倍なら年率20%になります。あの天才と言われるウォーレン・バフェットでさえ、リターンを平均すれば年率20%ぐらいなんです。ランドを買ってほっておくだけ、アタマ使わずに天才になれるんだから、まあ、20%で我慢しろということです」

 では、こういう高金利通貨はいつ買えばいいのだろう? ランドはともかく、豪ドル/円やNZドル/円は長期のチャートで見ると、今はかなり高い位置にあり、ここで買うのは怖い感じもするのだが…。

 「それはいつも言ってるんですが、長期で持つんだったらどこでもいいんです。持たなければ、いつまでも金利はもらえませんからね」

 けれど、心配性の記者はこうも思うのだった。高金利通貨が永遠に高金利のままとは限らないのではないか…?

 「高金利通貨は永遠に高金利だと思いますよ。ただ、そこまで心配する人には『じゃあ、日本国債、買ってください』と言いますけどね」

(ザイFX!編集部・井口稔)
GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る