ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

中国の経済指標で引き締め懸念!
欧州陣営のヒットはつかの間だった…!?

2010年05月11日(火)19:26公開 (2010年05月11日(火)19:26更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 週末をかけてユーロ圏の首脳が打ち出した姿勢は、官僚的で、なかなか機動的に物事を決められないという印象のEUが放った久々のヒットだったといえるかもしれない。その甲斐あって、週明けのアジア市場はユーロの全面高で応え、リスクテーク局面で買われやすいクロス円も大幅高のかっ飛び状態でスタートした。

 ユーロ円などは金曜日の安値に比べると東京市場のクローズ近くには6円以上も暴騰していた。私は欧米市場での反応も見たいと思って何もせずにいたのだが、欧州市場に入るとさらにユーロ、クロス円ともに一段高となった。

 ユーロドルは先週はじめに1.30台の大台を割れて以来、初めて大台を回復してきた。金曜日の安値からユーロドルはすでに500ポイント近くも上昇してきたことになる。

 しかしドル円を見てみると93.50付近までは上昇してくるのだが、押し返されてしまう。93円から95円のレンジが長かっただけに、戻り待ちの売り圧力がやはり強いのかもしれない。

 米国の現物株がオープンする前に、グローベックスの米国株はすでに先週の木曜日に誤発注騒ぎで急落する前のレベルにまで戻ってきていた。この先の株価の伸びを確認できないとドル円の上値は買っていけないと思い、私は22時半を待った。

 米国株はどちらかというと利食い売り先行という感じとなった。ユーロドルは1.29台を割れてきた。93.50付近で止められているのだから、ここをロスカットレベルにして、私は93.18でドル円を売ってみた。朝見ると、とりあえず出しておいた利食いの91.50もロスカットである93.55も来ないまま。ニューヨーク午後は93円台がキープされていたようだ。
 本日のアジア時間に発表になった中国の経済指標は、インフレ指標がどれも予想よりもかなり高めの結果となった。さらに大都市の不動産価格も、銀行の融資額も予想を上回って伸びていた。

 当然のことながら、金融引き締めへの警戒感が出てくる。アジア時間の後半は中国株の反落からリスク回避のムードも広まり、クロス円、ドル円は下落気味となっていて、欧州市場でもリスク回避ムードに傾いてきている。欧州陣営のヒットもつかの間だったのか・・・。

 今晩はあまり注目される指標がないが、本日は先週の米国株市場の株価急落をめぐって、アメリカの主要な取引所の幹部に対する公聴会がおこなわれる。昨日はムーディーズが米SECから法的措置を受けるかもしれないという話しも出ていた。

 世界経済の回復を引っ張っている中国の引き締め懸念にくわえて、米国での金融規制への風圧が増していけば、リスク回避の方向へまた動いていく材料は十分である。


日本時間 18時50分

8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
ザイ投資戦略メルマガ バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る