ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

身構えたECB会合でユーロドルに買戻し、
米決算発表も出尽くし視点はまた元に

2021年10月29日(金)15:26公開 (2021年10月29日(金)15:26更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は欧州序盤で短期金利が急上昇した。引っ張ったのはユーロ金利だ。ECB会合をひかえて金融政策のタイトニングの意向が示されるのではないかとの思惑がクローズアップされてきたからだ。それもやむをえないところだ。オーストラリアやニュージーランドのスタンスの変更や、BREXITして閉まったが隣国のイギリスも、早期の利上げ観測で沸いている。

 辛うじて日本とスイスだけが超緩和状態の維持に拘っているだけだ。いうまでもなくスイスと日本は世界の中でも特別な国であって、スタンダードではない。 肝心の米ドル短期金利も上昇をア始めたノで、それがマーケットを揺さぶった。米ドル金利のフラットニングが進んで、15年超のタームでは逆イールドの状態になってしまうほど。

 ドル相場もそれにつられて上昇。ユーロドルは1.15台に沈んだ。しかしECBの金利会合ではハト派的な見解だけが表明された。足下の物価高は一時的なものとし、PEPP資金は使い切る必要はないとしながらも、利上げの条件はまったく整っていないという。これでユーロの金利水準は元のレベルに戻って、通貨であるユーロは全面高のかたちとなった。

 ドルが買われすぎていたことの反動であろう。ECBの決着を見たと言うこともあって、ユーロドルの買い戻しが強まった。そしてその流れはニューヨーク市場を通じて、ずっと継続したのである。ユーロの利上げが明確に否定された後だけあって、ユーロの上昇にはついていけなかった。

 アメリカのGDPは予想を下回ってプラス2.0%となったが、ある程度の減速は見込まれていたので、マーケットはあまり混乱しなかった。それよりもむしろ個人消費の分が予想を上回る伸びだったのが、市場に安心感を与えたとも言える。米国株は史上最高値を上回ってきて終了している。

 米企業決算も大概のものは出尽くして、また市場のテーマは雇用や消費、価格高騰やインフレに戻る。最高値に位置している米国株には高値恐怖症が出てきているのも確か。ドル金利の上昇が続くのかも、確かめていきたい。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る