ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

日本はまたゼロ金利へ、
しかし円の先高感は拭えそうにない

2010年10月05日(火)19:16公開 (2010年10月05日(火)19:16更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日の昼間に売りこんでおいたドル円は、当初の予定通りに欧州時間において83円台の前半で拾うことができた。私個人としては、いずれ下値ブレークしてくるだろうとは考えているのだが、やはり何と言っても今年の最安値の手前は重要なテクニカルポイントを形成している。抜けたらまた売りなおせばいいと思っているので、サポートのちょっと手前では無理をしないことにしている。むしろ逆張りしてドル円のロング攻めも敢行しないといけない場所でもある。

 ニューヨーク時間は格別な動きを見せなかった。途中、マイクロソフトの投資判断の引き下げなどで、米国株が大きく値を下げる局面もあったが、ドル円はほとんど動かなかった。むしろ欧州時間より継続しているユーロの調整、つまり利食いを主体としたユーロドルの下げのほうが気にかかった。夜中の0時過ぎにはユーロドルは1.36台に突入した。ユーロ売りをしておけばよかったとも思ったが、まあ日銀の会合もあることだし…。しばらくは円相場に打ちこもうと考えて、昨日は早めに就寝した。

 そして本日の日銀待ちとなったが、お昼の1時を過ぎても結果は出てこなかった。そうとうに揉めているのではないかとの観測も出はじめた。待たせただけあって、目に見える形での利下げをした!誘導目標をゼロも含めた水準にまで落とし込むというもの。ドル円は84円ちょうぢ近くまで急激に値を戻したが、とてもではないが高値追いはしたくない。

 そもそもドル円はダウントレンドだと思っているし、金利が動いたと言っても0.1%未満の話である。オーストラリアが0.25%の利上げをやるかやらないかで騒いでいたのとは、変動幅が余りにも小さすぎる。またこの程度の事では、とても経済活動の流れが変わるとは思えない。どうしても時間の経過とともにジワジワとまたドル円は下がってくるのではないかと思えてしまうのだ。

 流れに逆らっても仕方がないので、下がり出したら売ってみようと考えた。1時間も持たずにドル円は下がり出した。83.60辺りまで下がって、その後の動きを模索しているようだ。ここまで来たのだったら、また84.00にストップ注文を置いて、売ってみるしかない。相当に買ったみたいだから、その分の投げ売りも今後は期待できる。皮肉にも日銀がアクションを起こしたまさにその日に今年の最安値をブレークしてくるかもしれない。材料の出尽くしということもありうる。

 欧州勢が入って来ると、ドル売りが加速。ユーロドルの上げもきつかったが、マーケットの注目を集めているドル円も見事に折り返し、83円台の前半まで到達した。下がってくるとサポートの手前ではいったんの利食い。私はポジションをスクエアにして夜の海外相場に臨むことにした。

 今晩の注目は、ドル円の値動きであることは言うまでもない。米国株も気になる動きをしている。だがアメリカものは金曜日の雇用統計や来週のFOMCに関心が移ってしまっているので、ダイナミックな動きは期待できそうもない。


日本時間 19時00分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る