ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

IMFがドル安にお墨付き、
円買い要因とのダブルパンチのドル円は?

2010年10月29日(金)19:14公開 (2010年10月29日(金)19:14更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日の欧州市場も相変わらず方向感の乏しい状況でスタートした。金融緩和の期待が薄らいで、その余波でドルの買い戻しが起こるのではないかと思っていたので、欧州時間にユーロドルを売りこんでみようと思っていたのが…。ドツボにはまってしまった(^^;)欧州市場の序盤でユーロドルは1.38台割れを見てからは、相場的に戻り歩調にはなっていた。戻り売りを狙うつもりでしばらく待っていた。メドとしては前日の高値となる1.38台後半である。

 妙に底堅くなり、時間の経過とともに押し目がだんだんと切り上がっていった。予想よりも良いアメリカの失業保険の数字が出たあたりで、1.3890近辺つけてちょっと下がってきた。底堅い動きをしてきたという事実を考えるとちょっと嫌な予感もしたが、近めにストップを置くことにすればよいので、1.39ちょうどをロスカットレベルに1.3875でユーロドルのショートをつくった。

 その後のユーロドルはあまり下がりもせず1.38台のミドルまで。そして米国株が始まってしばらくすると、ドル円が80円台に突入し始めた。ユーロドルのショートもストップがついて、あえなくポジションはなくなっていた。また何かの要人発言で、金融緩和を支持するみたいな発言でも出たのだろうか?いろいろニュースソースを探っていったら、なんとIMFの為替に関するコメントが出ていて米ドルが高過ぎるというのだ。これではもっとドル売りをモードになるのも無理はない、流れが変わってしまった。

 その後は為替相場の値動きこそおとなしくなったものの、ドル安傾向は続いた。それが本日のアジア市場になっても変わらずで、東京市場でドル円は今年の最安値に急接近。円高を嫌気して日本株も下げ幅を拡大してきたことで、リスク回避の円買いも加わってきたようである。

 ユーロドルは1.40台にステイできなかったし、ユーロ円の下落によるユーロドルの下落もあるかと、リベンジよろしく本日の東京時間の今朝がた今度は1.40ちょうどをロスカットレベルにして、またユーロドルのショート(@1.3930)をつくったみたが1.38台には突入したら動きが鈍くなったので、止めてしまった。
 さて今晩はアメリカのGDPが発表がある。予想はプラス2.0%である。もしも期待通りの良い結果ではない場合には、ドル安要因と円買い要因のダブルパンチでドル円が下抜けするのも時間の問題のようになってしまった感もある。

 今のところ欧州時間には様子見である。さっきまでドルロングで攻めていたのでに、今日はドルショートかと節操のなさに自分でも呆れるが、相場においての朝令暮改は良いことと結構(笑)。ドル円もここまで来たら、中途半端には売ることはできない。しっかりと戻りを待って売るか、もしくは今年の安値を抜けたあたりでまた果敢に突っ込みショートにするつもりだ。


日本時間 19時00分
ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る