ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

日和らず利上げに踏み切ったBOE、
注目なく何もしない日銀でドル円押し目買いか

2021年12月17日(金)15:15公開 (2021年12月17日(金)15:15更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日は金融マーケット全体で、大いにタイトニング・モードが隆盛となった。まずはBOEであるが、BOEは前回に見送っているだけに、あまり積極的な行動は期待されていなかった。その上、ジョンソン首相がコロナ新種株の脅威を強調ばかりしていたので、また日和るのかと思われた。

 しかしコロナよりも足下のインフレ懸念が優先したようだ。BOEもようやく15ベーシスの利上げを決定。そのほかノルウェー中銀やメキシコ中銀も、予想以上の利上げを行っている。一方でトルコ中銀は予想通りとは言え、100ベーシスの利下げを継続している。

 ドル円はニューヨーク序盤まで114円台にステイしていたのだが、動きは小さかった。私としてはドルロングで攻めたいところだったのだが、ドル円が前日の高値を越えてくる風でもなかったので、高いところを買って行くのはやめた。もちろん114.30とかついたら買い進んでいくつもりだった。

 しかしアメリカの経済指標のうち、景況感に関するものがおしなべて悪かったので、マーケットはリスクオフの形となった。ドル金利は低下をしたので、利上げ期待を根拠にドルを買い進んでいく理由がなくなった。ドル円は反落し、113円台のミドルまで下落。米国株も大きく反落するなど、市場のリスク許容度は低下した。

 そして今日は日本の番なのだが、まったく金融政策の変更に関しては期待されていない。お隣の韓国ですら物価上昇を心配して、次回の金利会合では利上げを示唆しているというのに。日本も正常化という名目のもとで、2.5%くらいまで上げておかないと、また何かあったときに打つ手段をなくすことになる。

 それでも結果として日銀はノーアクション。やはりドル円で押し目買いのスタンスが有効となりそうだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る