ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

今晩の雇用統計はアメリカの連休前、
短期決戦型になるのだろう

2010年07月02日(金)19:13公開 (2010年07月02日(金)19:13更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 私はドル円ショートを持ちっぱなしていた。ドル円は今年の最安値の88.00に限りなく近づいてきていた。通常ならば安値で跳ね返される恐怖心がもうちょっと湧いてくるのだが、今回の下攻めは妙に安心感を持って見ていられた。3月と5月に88円台の前半でリバンドしたのは記憶に新しいが、今度の下方向には株安をはじめとするリスク回避の大きな流れがあるからかもしれない。

 ただ気をつけておかねばいけないのは、関係者の口先介入。とくに菅首相はちょっと前まで財務大臣をやっていたときに余計なことを言って顰蹙(ひんしゅく)を買ったこともある。昨夜の20時過ぎ、私は夕食を取りながら会合をしていた。ドル円は88.20くらいで安定しているが、本来ならばとても緊張の強いられるところのはずだ。

 ところが円安容認派の菅首相も選挙が近づいてきているので、ダンマリを決め込んでいて、マーケットには何も聞こえてこない。そろそろ88円割れは時間の問題だろうと思っていたし、割れたところでは調子に乗って売り乗せをしようと考えてもいた。その値段が安ければ安いほどよい。その分だけ私の体力も増強することになる。

 そう思っていたら、ついにドル円87円台に突入していた。会合そっちのけで私は即座にドル円を売りこんだ。@87.97だった。ところが売ってはみたものの、ぜんぜん走らない。これは余分なポジションなので、きっちりとロスカットのストップ注文をすぐ近くの88.20で置いておいた。

 しばらく相場は87.90から88.00の間でウロウロしていたが、21時半の経済指標の時間が近づくにつれてロング勢の投げが出てきた。戻りきらないものは持っていても仕方がないのだろう。それでも下げ幅は50ポイントくらいのもので、私が想像していたような2円級の急落とはならなかった。

 そこでストップレベルをさらに下げて88.00で設定して、今度は23時の住宅のデータを待つことにした。早々に会合を切り上げてPCの前に張り付いて相場を見ることにした。まあドル円がフレッシュなレベルをやっているのだから無理もない。米国株が始まったが急落の度合いを増している。これも今年の最安値を抜けてきたのだから、売りが売りを呼ぶ展開になっているのだろう。

 マーケットはますますリスク回避モードになって、ドル円は87.40あたりで安値張り付きの状態となってしまった。ただいつものリスク回避と違っていたのは、クロス円が安くないことだ。むしろドルが全面安となっていて、ユーロドルやポンドドルがやたらと上がっているのだ。ドル円でドルショートを持っている私としては、どちらでもよいのだが、ふとリスク相場になっていないことで注意だけはしておこうと思った。
 その後に発表になったISM製造業も住宅予約の数字も悪く、米国株がさらに差し込んでいる間にドル円はとうとう86円台に差し掛かった。私はもう一発売りこんでみたが、結果的にはこれは失敗だった。すべてのポジションを@87.23で買い戻させられることになった。

 さて今晩は雇用統計である。とはいっても私は夜に仕事があるので、トレードはできない。今回の雇用統計はペイロールがマイナス12万5千、失業率9.8%というのが事前のコンセンサスである。さんざん今週は悪い経済指標が出てきていて、それを織り込んできている。

 それに本日は独立記念の3連休前の金曜日なので、すぐにお休みモードに入っていってしまうだろう。前回分の43万人増は国勢調査の季節要因が大きいため、マイナス20万人くらいまでならばあまりサプライズでもない。雇用統計の値動きに合わせて短期トレードするのであれば、でロング攻めのほうが良いような気がする。


日本時間 19時00分

取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 トレーディングビュー記事
トルコリラスワップポイントランキング 田向宏行 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る