ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

とても強い雇用統計でドル金利は急上昇、
都合よい期待を吹き飛ばしての夏休みモード

2022年08月08日(月)15:12公開 (2022年08月08日(月)15:12更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 雇用統計の結果は、就業者数の増加が50万人以上となった。失業率も改善されており、少し遅れて賃金インフレも進むであろう事が容易に想像できる。それでドル金利は一気に上昇した。ここ最近低下傾向を示していただけに、その反動は大きいものであった。9月のFOMCでは50ベーシスの利上げが見込まれているが、それでは足りないというので75ベーシスになりそうな勢いだ。

 そうしたドル金利の上昇を素直に反映して、ドル相場は上昇した。指標発表前は132円台に沈んだりしていたドル円だったが、そこから急激に1円の上昇。その後もドルの上げは止まらず、135円台の中盤まで持ち上がった。米国株も最初は急落したが、すぐに値を戻してきた。株価だけがまだ景気後退による利上げ停止を見ているようで、期待だけで成り立っている。他のマーケットとは整合性がとれていない。

 私はユーロドルのショートで参戦していたため、ドル円の動きにはついて行っていない。ユーロドルも下がるには下がったが、あまり思ったほど激しい値下がりではなかった。またここ最近のコアレンジの下限である1.0150をちょっと触った辺りで下げ止まっている。いったんはサポートされると思い、スケベロングにしてはみたものの、やはり基本としてベアに感じているので、持っていられない。

 今週はインフレ指標が出てくるが、9月FOMCまではまだ間があるため、あまり大きなインパクトはなさそうだ。また日本もお盆休みに入るため、アジア時間での動きは乏しくなりそうだ。ユーロドルなんかはますます膠着感を強めそうだ。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る