ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

アメリカの景況感も悪化で大台割れ回避したユーロ、
ドル円も急落だがドル買いバイアスは依然と強い

2022年08月24日(水)15:12公開 (2022年08月24日(水)15:12更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 ドイツやアメリカの景況指数が公表されたが、いずれも悪化が目立った。予想以上に物価高が景況感を悪化させているのがわかる。また住宅関連での指標でも購入意欲の減退が感じられ、個人消費を中心として景気後退が免れないところまで来たような状態となった。

 それらをうけてドル金利やユーロ金利は低下を示したのだが、元凶たるインフレの撲滅には至っていないので、市場は催促するように金利上昇へと向かった。どうやらソフトランディング・シナリオも厳しそうな雰囲気である。米国株も下げは一服。

 為替相場でもいっそうのドル高は進まなかった。指標の出る前はドル高方向を攻めていた。ドル円も137円台のミドルへ、そしてユーロドルは0.99台割れをトライしていた。しかし弱い景況感でおおむねドルは売られ、それまで短期的にたまっていたドルロングのポジションを閉め出した格好。ドル円は135円台まで落ちている。極端な動きだ。

 しかしドル金利が再び上げ始めたニューヨーク時間の午後となってからはドル相場も復調したようだ。ユーロドルは1.00台まで戻っていたのが、定位置となりそうな0.99台の中盤まで押し込まれている。どうしても金曜日にジャクソンホールでの講演を控えているので、ドル相場は買い向かうだけのバイアスが強くかかっている。


日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る