ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

失業率は上がっても就業者数は好調のアメリカ、
今週は主要国の金利会合が続くなかカナダに注目したい

2022年09月05日(月)16:48公開 (2022年09月05日(月)16:48更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 雇用統計の結果には大きなサプライズはなかった。失業率は悪化したものの、就業者数の増加に落ち込みは見られなかった。ドル金利の動きがハッキリしなかったため、ドル円は140円ちょうどを割り込んできたりして不安定な動きをしていたが、そのチョッピーな間にもドル円がしっかりと新高値を更新してきた。瞬間的ではあるが140.80近くまで高値を拡げている。

 それよりも相場を動かしたのは、ロシアによるノルドストリームへの供給停止の延長である。雇用統計の後は米国株は堅調に持ち上がっていたのだが、ガス供給の停止が続くと報道されると米国株は下落一方となった、米国株は週の安値付近まで押し込まれ、3連休を控えてのリスク回避の動きが強まった。

 ニューヨーク時間の午後はリスク回避に流れとともに、ユーロ円の下げが拡大した。ドル園もトップから離れていき、またユーロドルも再びパリティ割れへ。ドル円に関しては揚げ局面のスピード調整といったところか。

 今週はオーストラリア、カナダ、ECBに金利会合がある。いずれも75ベーシスポイント以上の利上げが見込まれている。とくにカナダの動きには注意を要する。アメリカの隣りでもあるし、これが100ベーシス上げかねない勢いなのだ。アメリカも75ベーシスの利上げが確実視される中で、100ベーシスの流れが出てくればそれはドル買いを促す。


日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る