ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

コアレンジは変えないものの上下には振れるドル円、
独CPIでユーロ買いも続かずあちこちぎこちない動き

2022年11月30日(水)15:50公開 (2022年11月30日(水)15:50更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日もドル相場は上下に振らされたが、コアレンジは変えなかった。アジア時間に139円台まで上昇したドル円だったが、欧州時間では137円台まで突っ込んだ。いままでそのまま流れに沿ってやっていればよかっただけに、このように切り返すようなレンジ相場では体がついていかない。

 1年のうち、そのほとんどはレンジ相場のはずであることは認識しているはずなのに、体が順応しないのである。なかなか逆張りをすることもできずに、両端をたたいてしまっており、自分がレンジメーカーになってしまっている。まったくつまらない一日となってしまった。

 注目のドイツのCPIだったが、EU基準で11%台に乗せてきた、インフレの高進が確認されたはずなのに、ユーロ買いが続かなかった。ユーロドルは20-30ポイントほど上がっただけで、むしろその後はユーロ売りに傾いたようだ。

 ところで中国での規制緩和を要求する市民デモが問題になっているが、やはり情報はSNSなどを通じてであるらしい。いくらグーグルなどの米系のツールを使えなくしても、いろいろな手法で外の世界をのぞけるのは当然のことだろう。市民は世界がどう思っているのかに触れていることだろう。

 あからさまに反抗しなければ大きな問題にはならないことは、市民は理解している。しかし注意したいのは、中国の体制転覆を願っている団体もあるということだ。それらが故意にあおるような情報を流しているかもしれないのだ。

 そういえば他に市民のデモで騒動を起こしているのはロシアやイランであり、これらはアメリカを中心とする西側諸国に制裁を課している国家でもある。本日早朝のアメリカ対イランの試合も、どことなくぎこちなかった。


日本時間 15時40分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る