ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

観測や思惑が先行して行ったり来たりの為替相場、
ソフトランディングへの期待でリスクオンムードだが

2023年01月24日(火)15:27公開 (2023年01月24日(火)15:27更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 週末にWSJ誌でFEDの利上げ停止の条件を話し合うのではないかとの観測記事が出た。これによってドル金利は低レベルでおさえつけられたまま、リスクオンの状態が続いた。

 米国株は一段高し、日経先物はナイトセッションで27000円台に乗せてきた。リスクオンなのでドル金利が低いままの割には、ドルの上昇が強まった。ドル円は129円台を脱し、130円台の後半まで上がっている。

 ユーロドルも欧州序盤で1.09台をつっかけるなどしたが、これも観測記事によるもので、ECBはあと最低でも50ベーシスの利上げを2回はするとのこと。利上げ余地がまだあることが評価された結果だ。しかしそのユーロドルもニューヨーク時間には反落。リスクオンによるドルの買い戻しが優勢となったのだ。

 このように金利中心の金融相場の流れから株価中心のリスク相場への転換が明らかになってくると、ドル相場の行方を攻落するためには米国株がここからどうなるかを考察する必要がある。

 足元では確かにドル金利の利下げを見越して、それが企業負担を軽減させることにもつながり、再びゴルディロックス相場が来るものと期待されている。その結果、今年に入ってからの株価は高い。イギリスやドイツの株価は史上最高値をうかがってもいる。

 これをソフトランディングしているのだと解釈するのか、それとも今年の景気低迷分をまだ株価に織り込んでいないと読むのかでは、大いに見方がわかれるところだ。私見としては、後者の方だと考えたい。これから半年における企業業績なども明らかになるにつれて、EPSの下方修正なども相次ぐのではないだろうか。しかるにドル相場は安くなるほうに向かうということに。


日本時間 15時10分

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!口座開設キャンペーンも実施中!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る