ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原発事故はワーストランクに引き上げで、
市場は冷え冷え

2011年04月12日(火)18:20公開 (2011年04月12日(火)18:20更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の金融マーケットでは、リスク回避の材料に事欠かなかった。そもそも昼間からドル円やユーロ円の上サイドへの伸びは鈍くなっており、オーダー状況を聞いてもオファーがいっぱいという感じ。市場の調整は仕方がなかったのかもしれない。

 夕方の5時過ぎには関東地方でも大きな揺れが来た。これによってリスク回避の動きは始まって、ドル円も84円台のミドルまで下がった。欧州株やグローベックスでの米国株も値を下げている。私はユーロドルのショートポジションを持っていたのだが、ちょっとユーロ円に乗り換えるべきかを悩んだ。

 悩んだ場合は、後悔しないほうを選ぶしかないのだが、いつものように時間が経つと何もなかったかのごとくリスクテークに走る日々が続いていたので、ユーロ円のショートではリスクの取り過ぎではないかと思い直して、ユーロドルのままで我慢することにした。

 欧州市場ではユーロドルはたしかに重い足取りではあったが、ぜんぜん1.44台を割り込むような勢いもない。おまけに米国市場では経済イベントがほとんどないのだ。

 しかしIMFのアウトルックが公表されて、想像の通りだったが、日本だけに限らず、アメリカの成長率も下方修正された。米国株は安値攻めに入ったが、為替相場ではクロス円が若干ゆるんだ程度。ユーロドルも1.4420あたりまでが下げの限界だった。

 ただこれまで値を飛ばしてきた原油が大幅に下落している。アジア時間に113ドルを取引していたことを考えれば、109ドル台までの下げはリスク許容度の低下だけにとどまらず、短期筋の投げ売りも含んでのことだろう。

 私は早起きしてニューヨーククローズを見守っていたが、原油は108ドル台での安値引け。前日からは5ドル弱の下げだ。ニューヨーク市場が終わってから、NHKでは原発の危険度をレベル7に格上げするという報道が出た。

 これでリスク回避の動きが決定的となった。私は速攻でドル円を売ってみた。84.61だった。その日の最安値にきわめて近いところ。ユーロドルのショートも持っているので、実質的にはユーロ円のショートを持っているのと変わらないことになる。

 さて本日のアジア市場ではレベル7に対する反応は鈍く始まった。日本株もほとんど落ちていない。目に見える形でのリスク回避は起こらなかった。9時前に84.35あたりまで突っ込んだドル円も、切り返しての東京オープンとなった。とりあえず急いで利食いをする理由もなかったので、私は84.80でストップ注文をおいておいた。

 目立って動きだしたのは東京のランチタイムである。原子力安全保安院がレベル7の説明の会見が始まったころであった。ドル円は84円ちょうどを割り込むにはちょっとだけ躊躇したが、いったん割り込むとユーロ円の売りも巻き込んで、下げのペースは速まった。

 ユーロ円は2円近くも落ちた。後は株価との見合いである。株価の切り返しが確認されたら、すぐに全ポジションは買い戻しである。株価が下げ続けるならば、利食いを我慢、我慢…。しかしドル円は83円台の中盤までは突っ込んだが、そもそもこれは円売りの材料でもあるのだ。“日本売り”による円売りに、いつ変わっても不思議ではない。ユーロ円ベースで2円近くも取れたと思って、私はすべてのポジションをクローズした。

 今朝のアルコアの決算が米企業の本格化を告げるはずであったが、注目度は完全に薄くなってしまった。今晩はアメリカの貿易収支などもでるがあまり重要視されないだろうし、企業決算でもおおどろこはない。午後にも大きな地震が東北地方であったようだ。地震と原発から目が離せない状況が、今しばらくは続くような感じだ。


日本時間 18時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年6月13日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る