ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

平田啓氏に聞く(1) 外国為替は売るべし!
1ドル=50円になっても不思議なし!

2011年05月09日(月)14:30公開 (2011年05月09日(月)14:30更新)
ザイFX!編集部

 実際にFXを取引してみようと思っても、「じゃあ、どうやってトレードをしたらいいのだろう……」と、途方に暮れている人も多いのでは。

 そんなFX初心者にオススメなのが、この3月末に出たばかりの新刊『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート』だ。 

⇒Amazon.co.jpで『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート』を見る

現役美人東大生、瀧口友里奈さんがテクニカル分析を使わないシンプルなトレード法をFXのプロから伝授される。そして、そのトレード法をノート術が得意な瀧口さんがまとめた1冊になっている。

瀧口さんの先生役・平田啓さんは、短資会社や銀行の為替ディーラーを経て、現在は資産運用アドバイザーとして活躍中。ボストン大学MBAへ留学経験もあり、優しく外国為替の「いろは」を教えてくれる(※)。

 今回はその平田さんにトレード手法や今後の為替相場の見通しなどをインタビューしてきた。

(※5月13日(金)に瀧口友里奈さんと平田啓さんが出演する「ザイFX!TV(原宿) 現役美人東大生と元プロの外為ディーラーが今年の為替とFXの勝ち方についてズバリ答える!」を生放送します。詳細は当記事末尾に掲載していますので、ぜひご覧ください)

欧米の為替ディーラーは5月頃から大きなポジションを取る

 早速だが、平田さんはどんなトレードをするのだろうか?

 「私は年間の大きな波をみて2~3カ月単位で取引します。日々いろいろな出来事がある外国為替市場で生き残るのは大変ですから、為替ディーラーの経験者はデイトレなんてしない。それよりも、大きな波を見たほうが勝ちやすい

 為替の大きな流れは、為替ディーラーの動向をつかめればわかるという。

 「外国為替市場を動かす欧米の為替ディーラーはプロ野球選手のように年間契約を結びます。『あなたにいくらお金を渡しますから、それで何%のリターンを出してください』という契約になります。

 まさか、最初からガンガントレードして大きなポジションは取りませんから、1~3月は様子見で、あまり大きく動かない。大きなトレンドが出るとしたら春先以降ですね。欧米の為替ディーラーは5月ぐらいから一番大きなポジションを取るので、私もそれに乗っかるようにしています」

 平田式のFXトレードは春からが大事なのだ。 

2009年、2010年の米ドル/円相場 週足


『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート』

3日目の講義「シンプルトレードで勝つ投資家になる!」より

「強いドルは国益」はパフォーマンスで言ってるだけ

 季節は5月に入りそろそろトレンドが出てきてもおかしくない時期。では、ここ最近の相場の様子を平田さんはどう見ているのか?

 「4月末にアップルやインテルの決算が出ましたが、それに象徴されるように米国経済は好調です。ですが、それだけでは米ドルを買う理由にはなりません。今年の米ドルは難しいですね」

 4月27日(水)にはFOMCで政策金利が発表され、さらに今回はFOMC後にバーナンキ議長が初めて姿を見せて記者会見を行った。

 昨年7月には彼の「米国経済の見通しは異常なほど不透明」という発言によって、その後のドル安トレンドが発生。ザイFX!読者のみなさんも記者会見を見ていた人が多いのではないだろうか。

 「今回のバーナンキさんの会見はパフォーマンスです。確かに『強いドルは国益』と発言しましたけれど、相場は大して動かなかったでしょう。

 みんなわかっているんですよ。QE2と言われる大型金融緩和政策も6月で終了すると宣言しましたし、サプライズはありませんでしたね」

 となると、米ドルの今後はどうなっていくのか?

 「トータルで考えると、まだ米ドル安で推移すると考えています。

 確かにQE2によって、景気は徐々に回復。ベージュブックやFOMCの議事録を見ていると、昨年末まで『米国の景気は良い地域と悪い地域が入り混じってまだら模様』という表現だったのが、今は『全体的に回復』という単語を使っています。

 ですが、アメリカの利上げは早くても今年の年末、もしくは来年以降でしょう。すると、利上げをするまでは、米ドルは買えないということになります。ですから、米ドル/円の方向は引き続き米ドル安でしょうね。

 ここから大きな円安・米ドル高トレンドが出て、1ドル=90円というような水準にはならないでしょう」

外国為替は売るべし!

 平田式FXでポイントになるのが、「外国為替は売るべし」ということ。

 それは現役為替ディーラーの時代から信条にしてきたことだという。

 「なぜなら、これまで40年間の米ドル/円を見ると、ずっと米ドル安・円高だったからです。その流れは変わらない。ちょっと言いすぎかもしれませんが、私はいずれ1ドル=50円になっても不思議じゃないと思うんですよ」

『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート』

3日目の講義「シンプルトレードで勝つ投資家になる!」より 

 そもそもアメリカが米ドル高政策を行ったのは、たった2度しかない。

「強い米ドルは国益」と明言したクリントン大統領時代のルービン財務長官と、カーター大統領のドル防衛策のみ。米ドル/円は360円からずっと下がり続けている通貨ペアなのだ。

 「私は『為替はアメリカの都合で動く』と思っています。

 その都合とは『アメリカは米ドルをもっと発行してたくさんのお金をコントロールしたい』ということ。

 米国の当局者はっきりと明言はしませんが、それは政策面からわかるでしょう」

 「米ドルは基軸通貨ですから、アメリカは米ドルを刷っただけお金を流通させることができる。ですが、通貨は流通量が増えると価値が下がります。そこで、米ドル安になってしまうのです。

 その流れはこれまでの米ドル/円の推移から明白ですね」

 政策の歴史を知ることが、外国為替市場で戦っていく上で必要なのだ。ちなみにアメリカの政策に関しては『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート』の中でも詳しく説明されている。

「2011年 東日本大震災」と「1995年 阪神大震災」の類似

 「それに、今年は東日本大震災が起こりました。阪神大震災が起きた95年と似通っている部分が多いんです」と平田さんは話す。

 95年は阪神大震災やオウムサリン事件が起きるなど、大きな出来事があった年。もちろんマーケットにも多くの影響があり、その様相を平田さんも鮮烈に覚えている。

 「阪神大震災は関西での出来事でしたし、当初はマーケットへの影響はないと思われていたんです。でも、あの頃のマーケットはちょっとおかしかった。なぜかわからないけれど、日本のニュースが出ると円買いが起きたんです」

 通常、地震が起きればその国の通貨は売られるもの。しかし、日本円はなぜか買われたのだ。結果的に為替相場も1ドル=90円を割り込み、95年4月には79.75円を記録。歴史的な円高となった。

1995年の米ドル/円相場

 「欧米の機関投資家はプロ中のプロで、ある意味残酷ですから突発的なところを狙って、日本の困る方向、つまり円高に振ろうとしてくるんでしょうね」

 今回、東日本大震災の後、円は戦後の変動相場制以降の史上最高値を76.25円まで更新。震災直後なのに日本円が買われる結果になっている。

 「あの下落も取引相手が少ない早朝のオージー時間に大きく売りを入れている。うまいというか残酷ですよね。阪神大震災のときに79円をつけたのは地震の3か月後

 状況が似ていますから同じように、2~3か月後にもう一度円高になる可能性は十分にあります。今後の動向には注意したいですよね」

今年の米ドル/円はあまり動かないかも!?

 ただそれと、同時に平田さんは、あまり為替相場が動かない年になる可能性も示唆する。

 「昨年、一昨年と為替は大きく動いた年でしたよね。その翌年はあまり値動きがなく狭いレンジの中で推移する年になることが時々あるんです。

 先月も小さなレンジで推移していましたし、今年のこれ以降は値動きが少なくてつまらない年になってしまうかもしれません。むしろ、もう一度円高になるよりも、レンジのまま推移していってしまう可能性の方が高いとみています」 

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 米ドルが動かないかもしれないのなら、一体我々はどうトレードすればいいのか? その答えは次回の記事で明らかに!!

「平田啓氏に聞く(2) 暴落相場は怖くない! 暴落で儲ける「半値戻し」の法則とは?」へつづく)

(取材・文/上野智(ミドルマン) 特記以外の撮影/堀内慎祐)

【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る