ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

原油の備蓄放出で米緩和期待は後退へ、
またギリシャ問題とユーロに関心が!

2011年06月24日(金)18:23公開 (2011年06月24日(金)18:23更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の為替相場は、前日のFOMCを受けての動きで始まった。バーナンキ議長が米国の景気のスローダウンを再確認する形になったので、マーケットではリスク資産からの逃避が急がれるところだ。アジア時間からグローベックスでは米国株は軟調。今週に上げてきた分を吐き出して、なおも安値模索が続いた。

 それに従う形でクロス円はひたすら値を切り下げた。115円台だったユーロ円が、ニューヨーク市場では113円台入りしている。私はユーロドルとドル円の両方をショートに構えていたので、ユーロ円の下落は喜ばしい。米国株の下落を見ている限りは、まだ安心して持っていられるポジションだ。

 ところでリスク回避を促した要因は別にもあった。夜の10時過ぎの発表だったと思うが、IEAが持っている戦略備蓄の原油を市場に吐き出すと言うのだ。これはアメリカのQE2によって余分のマネーが流れ込んだことによるコモディティ高の是正に寄与することだ。ちょうどFRBがQE2の終了を宣言した翌日に行うというのも、効率的に無駄がなくてよい。

 でもこれでFRBは完全にさらなる金融緩和を打つという手法は、道を閉ざされたことになる。とにかく原油相場は軟化し、原油価格は90ドルの大台を割り込む局面もあった。原油安のせいもあってリスク回避はいっそう強まり、米国株もディップを広げていった。

 たまたま早起きして画面を見ていたら、朝の4時前だったろうが、いきなり米国株が上がりだした。為替相場でもユーロが買い戻されている。何が起こったのはわからないが、私はとりあえずユーロドルのほうを買い戻し。それからニュースソースを調べにいくと、ギリシャがEUやIMFと、債務削減の合意に至ったというのだ。まだ内容の詳細は不明であったが、とにかく信用不安にとっては一歩前進のようだ。

 ニューヨーククローズまでもう時間がない。米国株は必至の思いで買い戻されて、この日の大幅な下落分はすべて埋めた。ユーロドルも1100ポイント以上も戻して終了した。アジア時間になっても、この流れは続いているので、またユーロドルを売り直そうと思っていたのだが、いまのところ手が出ないでいる。

 今晩はこのギリシャの情報の確かさと、それをマーケットがどう消化するかに関心が集まるだろう。欧州初のコメントなども見たいところだ。前向きに解釈されてよさそうなものであれば、ひるがえってユーロロングで構えてみてもよい。しかし実際には良い案件やアイデアがあるならば、もうとっくに出ているはずである。大したものを期待できないというのが実情だろう。


日本時間 18時10分

 

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る