ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

700万円を2ヵ月弱で1200万円に!
謎の新人FXトレーダーがメディア初登場

2011年06月29日(水)22:00公開 (2011年06月29日(水)22:00更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

テクニカルを武器に2ヵ月弱で500万円以上の利益!

 「ザイFX! TV(原宿)」の3回目放送で、前回の210万円損失トレードのリベンジを狙う三空さん。

 そのトレード対決の相手として白羽の矢が立ったのが、インヴァスト証券主催「リアルトレード!24グランプリ」のClass4(取引数量2億通貨単位以上)で2位に浮上してきた「かついぬ」さん (6月28日現在)

 実は、かついぬさんはFXトレード自体を今年になってから始めたという初心者トレーダーなのだが、その実力はここまでの取引によって実証済み。数回のラッキートレードのお陰ではなく、小さな利益の積み重ねの結果で、700万円の元手から2ヵ月弱で実に500万円以上の利益を上げた(※)。

 この初心者らしからぬ腕前を見せるかついぬさんとはどんな人物なのか。そして、どんな手法なのか――。

(※編集部注:6月28日現在、「リアルトレード!24グランプリ」でかついぬさんはプラス549万円という成績)

株よりもFXのほうがテクニカル分析がはまる!

 メディア初取材に応じていただいたかついぬさんは、いかにもスポーツマン風の精悍ないでたちで、話の仕方もとても理知的だ。

 「初心者といっても、今40代で、株式投資の経験は20年近くあります
というかついぬさん。

 株式投資はテクニカル分析主体のやり方をずっと続けてきたそうで、「とにかくチャートを見るのが好きで、独学でいろいろチャートの勉強をしながらトレードもしていました」という。

 そのかついぬさんが今年になってFXトレードに参戦したのは「最近の株式市場は活気がなくて儲けづらくなっているのと、FXの方が自分の得意なテクニカルが生かせそうな感じがしたから」。

 実際に、FXトレードをしてみると、

 「株式に比べて、為替の動きはかなり、テクニカルの理論や経験則にハマリがいいことを実感しました」という。

レンジからのブレイクアウトは“だまし”が多い

 かついぬさんが普段用いている戦略は、ブレイクアウトや急落からの反転狙いなど、極めて基本的でシンプルなものだ。

 「ブレイクアウト戦略は、三角保ち合いからのブレイクアウトを狙います」とのこと。

レンジ(一定範囲でのもみ合い)からのブレイクアウトは、意外に“だまし”が多くて、何度か痛い目にもあったそうだ。

 そして、「急落からの反転については、ボリンジャーバンド、エンベロープ、ストキャスティクス、移動平均かい離率の4つを使って、売られ過ぎで反転しやすいポイントを探っています」という。

米ドル/円 日足

  また、「レンジが形成された場合には、そのレンジの上下動を細かく何度も取るトレードなどもします」というが、このレンジ内の上下動を取る動きは、レンジブレイクした時に大きくやられる可能性があるので、十分なリスク管理が必要だとかついぬさんは言う。

 以上のように、かついぬさんはテクニカルトレードの基本に徹しながら、実践の中でその手法を磨いている。

 「あとは欲張らず、細かく利益確定を繰り返しています。たまに利食いが早すぎて大きな利益を逃したり、損切りなどすることもありますが、そういうときも気持ちを引きずらないようにして、淡々と自分のトレードを繰り返しています」とかついぬさんは話す。

ユーロ/米ドルを中心に、5分足&1分足で攻める

 かついぬさんがトレードするのは、ユーロ/米ドルを中心に、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円、NZドル/円の6通貨ペアだ。

ユーロ/米ドルなど6通貨ペアの5分足

(リアルタイムチャートはこちら → ザイFX!トップ

 この6通貨を5分足で常にウォッチして、自分の得意なパターンになり始めたら、1分足、5分足、15分足、30分足の4チャートを表示してより深く分析し、最終的に1分足でトレードタイミングを決めていく。

ユーロ/米ドル 1分足&5分足&15分足&30分足

(出所:米国FXCM)

 さらに、株価指数、WTI原油先物などおもなマーケットの動きをウォッチ

 そして、「もちろん、米国雇用統計の発表や金融政策決定会合などのイベント時はマーケットのボラが大きく上がり、非常に重要なトレードチャンスなので、パソコンにはりついて見ています」

 これだけの通貨や指標を観察するために、かついぬさんはかなり大きなディスプレイを使って普段情報を見ている。

 また、通常は、スプレッドの小ささや使い勝手の良さからインヴァスト証券の「FX24」をメインに取引しつつ、チャートの使い勝手の良さからGFT東京支店にも口座を開いて併用しているという。

 日中は会社勤めのため、夕方から深夜にかけてのトレードとなるが、その間はかなり熱心にトレードしている様子がうかがえた。

 趣味の自転車に熱中し、ジャズもCD3000枚を保有するというマニアぶり。

 「1つのことに熱中するとのめり込んでしまう」というかついぬさんは、今、FXのテクニカルトレードにのめり込み、短期間でこの成果となっている。

注目は、その日のファーストトレード

 さて、そんな注目のかついぬさんが、いよいよ6月30日(木)21時からの「ザイFX! TV(原宿)」で三空さんの対戦相手としてトレードを披露する。

 「パソコンやディスプレイ、マウスに至るまでいつもと違う環境となりますし、みなさんの目の前でトレードするということで、だいぶ緊張しています。実力発揮できるか不安ですが、自分のスタイルを貫いてみたいと思います」というかついぬさん。

 初心者であり、基本に忠実なトレードということで、多くの視聴者にもそのトレードは参考になりそうだ。

 特に、最大の注目はかついぬさんのその日のファーストトレード

「1日の最初のトレードが、その後の心理にも大きく影響し、その日のトレードの流れを決めてしまうので、最初のトレードはすごく慎重に取り組みますし、全神経を集中させていきます」という。

 成功するか失敗するかは、その日の運にもよるだろうが、かついぬさんのトレードの真髄が、6月30日の「ザイFX! TV(原宿)」でのファーストトレードで見られるのではないだろうか。

 いよいよ、期待の新人、かついぬさんのトレードのヴェールがはがされる――。

(取材・文/小泉秀希)

【2023年2月2日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
※スプレッドは成行(ストリーミング)注文に適用される水準。それ以外の注文方法では、通貨ペアによってはスプレッドの水準は異なる
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドルは、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア 1通貨
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを 解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比 較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 29ペア 1000通貨
※ユーロ/円は、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 51ペア 1000通貨
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~2.0銭 0.4~3.2銭 0.3~1.5pips 38ペア 1000通貨
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年2月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る