ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

「FX友の会」世話人の奈那子さんに聞く(2)
三空さんが大損した夜を覚えていますか?

2011年06月20日(月)09:00公開 (2011年06月20日(月)09:00更新)
ザイFX!編集部

「『FX友の会』世話人の奈那子さんに聞く(1) 『一晩で300万円の大損』を乗り越えて…」からつづく)

あの夜、奈那子さんは儲けていた!

 ここで「この前、三空さんが大損した夜のこと覚えてますか?」と奈那子さんはある日の具体的なトレードについて、話し始めてくれた。

 「三空さんが大損した夜」とは他でもない、5月26日(木)の夜のことだ。

 その夜、「ザイFX! TV(原宿)」のUSTREAM番組に有名トレーダーの三空さんが出演していたのだが、三空さんは生放送中にトレードを開始。米ドル/円が急落する中、大きなロットでナンピン買いを重ね、ついには番組中に210万円の損失を確定してしまったのだった。

 「あの日は確か朝から米ドル/円は81.8円台ぐらいであまり相場が動かなかったんですよ。それが何となくジリ安って感じで、15時すぎぐらいに81.6円台ぐらいまで下がってきたんですね。

 それで、移動平均線がだいぶ下がってきたので、ちょっと売っとこうかなと。81.7円台で10万通貨売り始めました。これが18時20分頃かな。

 21時30分に経済指標が発表され、それが悪くて下がり始めたので、81.6円台でさらに売り増ししました。けれど、それほど自信はなかったので、今度は5万通貨の売りにしました。

 利益確定したのは81.3円前後です。そこで手仕舞ったのはやっぱり、『情報』なんですよ」

5/26~5/27にかけての米ドル/円 30分足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM)

 「あの日は西原(宏一)さんなんかも同じようなところで売ってたんですね。スカイプでみんなでつないでたんですけど、81.2円ぐらいのところには買いがあって、『ここで止まるよ』っていうポイントだったんです。

 実際にはもう少し下押ししましたけど、だいたい反転するポイントがわかっていたので、冷静に手仕舞うことができたんです」

 三空さんが「210万円の損切りの売り」を全世界に向けて生中継(?)していたころ、奈那子さんは冷静に「利益確定の買い」をしていたのだった(※)。

(※三空さんの名誉のためにつけ加えておくと、上記番組にも関係があるインヴァスト証券主催の「リアルトレード!24グランプリ」で三空さんは6月16日現在、約80万円のプラスを計上している。「24グランプリ」には元ディーラーや著名FXブロガーなど20名以上の「サポーター」がいるのだが、三空さんはその中で2番目の好成績だ。)

最初は酒匂さんを囲む「ワインの会」だった

 さて、こんなふうに“トレーダー人脈”を駆使しながら、トレードで利益を上げている奈那子さんだが、その人脈を作り上げる原動力ともなったFX友の会は、最初どんなふうに始まったのだろう?

 「始まりは“塾長”の酒匂さんとのオフ会ですね。あれは2007年のころかな.

 酒匂さんってすごく気さくな方で、ブログにコメント書いたら、すぐに返事をくれて、お友だちみたいな感じになっていったんですね」

“塾長”の酒匂さんとは国内外の主要銀行でディーラーとして活躍してきた酒匂隆雄さんのこと。FX界の重鎮と言える存在だが、かなり気さくなお人柄のようだ。

 「そのうち、酒匂さんとオフ会しようという話になったんです。

 それで、外為どっとコムのセミナーで大阪に来られたとき、FXのブロガー友だちと酒匂さんを囲んで『ワインの会』を開いたんです。それがFXの友の会のルーツ」

 このワインの会の参加者は5人だったという。5人の小さな集まりからFX友の会は始まったのだ。

FX友の会は「自腹」が原則!

 「それから酒匂さんが大阪に来られるたびに、いっしょに食事しようみたいになって…。せっかく酒匂さんが来られるんだから、この幸せ感をみんなに味わってもらおうということで、そのうち20~30人集まるようになっていきました。

 そうなったら、せっかくだから勉強会しようということになって、酒匂さんに話したら、ホントに気さくな方なんで「いいよ~」って言ってくださって、自分で交通費を出してくれて、会費も払ってくれて、別にこちらがごちそうするわけでもなくワリカンで、勉強会と飲み会を開いたんです」

 このあたりから勉強会と懇親会で構成される今のFX友の会のスタイルができあがってきたようだ。さらに「講師も自腹」という友の会の原則(?)も確立されることになる。

 「友の会では講演料をお支払いしないといけない人ばかり出ていただいているので、普通じゃできないことですよね。

 そこはやっぱり、最初の酒匂さんのポリシーを貫き通そうと思うところがあります。

 酒匂さんは『友だちだから来るんですよ。お礼なんか絶対いらないし、自分だけ特別扱いするような友だちだったら、そんなのはいらない』って言ってくれたんですよ」

 奈那子さんが何かするときは「いつも酒匂さんへ一番に声をかけ、スケジュールを聞いてからすべてが始まる」そうだ。もちろん先日、6月11日に行われたFX友の会の勉強会にも酒匂さんは登場している。

 FX友の会は現在、東京と大阪で年1回ずつ2回開催するのが定番となっている。友の会といっても、会員登録のようなものや年会費があるわけではない。

 奈那子さんが自身のブログなどで告知して、そのとき、来たい人が申し込みをして来るという形になっている。

その場の思いつきでつけた「FX友の会」という名前

 「『FX友の会』っていう名前も適当につけたものなんですよ。今のように規模が大きくなって、東京でも大阪でもやるようになったのはここ2年ぐらいのこと。

 それで、最初に東京でやったとき、人が入りきれなくなってきたんで、ホテルの宴会場を借りたんですが、ホテルの宴会係から電話がかかってきて、『団体様のお名前はどうしますか? 案内板にどう書きましょうか?』と聞かれたんです。

 そんなこと何も考えていなかったので困って、その場の思いつきで『じゃあ、FX友の会にしてください』と言ったのがFX友の会という名前の始まりなんですよ」

 こうして酒匂さんとの小さなオフ会から、直近では140人もの参加者を集めるようになったFX友の会だが…。

 「大きな会になって、勉強会も結構長時間やりますけど、元々の目的は飲み会なんで、そこは忘れたらダメ。友だちできたらいいなっていう交流会がFX友の会なんですよ」

(取材・文/ザイFX!編集部・井口稔)

【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

ヒロセ通商[LION FX]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る