ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

イタリア首相の辞任表明をまずは好感、
でもユーロは上サイドの抵抗も強そう?

2011年11月09日(水)18:17公開 (2011年11月09日(水)18:17更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の海外市場ではイタリア問題で揺れた。野党議員のほうからも首相が辞めろと言われていたが、これまでもいろいろあっても辞めなかったという経緯もあり、マーケットとしてはどちらに傾くのか予想がつかない。そもそも本人も辞めたいとはまったく思っていなさそうだ。

 ただ反応だけは決まっている。ベルルスコーニ首相が退陣すれば、イタリアの混乱は収束するのではないかとの観測が浮上して、一気にリスクテークのほうに向かうであろう。また反対に辞めないのであれば、もうしばらくは法案審議などに手間取ったりして政治的リスクありとみなすであろう。つまりリスク回避が始まるということである。

 欧州時間では大きな動きはなかったが、ニューヨーク時間に入ってからユーロドルは1.38台まで上昇してきた。1.3850をロスカットにしてとりあえず売ってみた。イタリア議会が財政関連法案をパスしたと伝わったが過半数には届かず、このまま現状維持が続きそうだということでマーケットは一挙にリスク回避に向かった。1.38台に乗せていたユーロドルも1.37台へ逆戻り。

 私もさらに売り増して本格的に参戦!しかしユーロの値下がりには勢いがなく、1.3770あたりで何度も止められた。さすがに私もユーロショートはだんだんと持ち心地が悪くなってきて、1.38台にまで戻ってきたところですべてクローズした。眠いのを我慢して相場を見ていたのに、まったくのくたびれ儲けだった。これならば早く寝て、6時前後のニューヨーククローズを主戦場とすべきであった(涙)。

 その後はイタリア大統領との話し合いを通じて、やはりベルルスコーニ首相は辞任する決意をしたようだ。ユーロドルは再び1.38台の中盤まで買い進まれて、それを好感した米国株も最後に一段高して高値圏でクローズしたようだ。 しぶとく辞めなそうな感じもあったので、意外感があったのだろう。

 今晩もアメリカの指標はないが、やはりイタリア首相の辞任が表明された後だけに、欧州からのニュースで踊らされる一日となりそうだ。さらに本日はギリシャで新内閣の顔ぶれが出てくるという話しもある。昨日の動きを参考にするならば、こうした話題などが出てきたらユーロ買いということになるだろう。しかし本日の欧州市場がスタートしてみると、相変わらずイタリア国債のスプレッドは上昇してあまり良いムードは続いていない。

 それにユーロロングの問題は上サイドのレジスタンスにもある。ユーロドルでは日銀のドル買い介入で下げたときの安値である1.38台のミドルが気にかかる。そして実際に今週は1.39台をつけられずに跳ね返されている。

 ユーロドルが1.3900までタッチすれば、安心感をともなって買っていけるのだが、今はまだ戻り売りゾーンにいることになりそうだ。結果として、1.39台の手前ではショートに振って、1.39台に乗せてきたら一気にド転ロングにするのが無難なようである。


日本時間 18時10分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る