ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

全人代でGDP成長率は下方設定へ
リスクオフ継続ならドル円売り増し?

2012年03月05日(月)17:41公開 (2012年03月05日(月)17:41更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 先週の金曜日はモロにドル高が進んだ。欧州序盤ではドル円はすでに81.70までやっており、ユーロドルも完全に重い足取りで1.33台に戻りそうもない。いまだにバーナンキ議長がQE3について言及しなかったことを奉じているような相場が続いている。私もユーロドルは売りたいと考えていたので、ちょうど前日の安値である1.3283を下抜けしたあたりから売りモードに入っていた。

 問題は突っ込んででも売っていくか、多少なりとも戻りを待って売るのかだ。1時間半も待ったが、一向にユーロドルが戻ることはなかった。いつもは19時前後にほぼ必ずといってよいほどユーロ買いが入るのに、10ポイントも戻らない。

 私は19時を過ぎたあたりで我慢できなくなって、1.3253で売っていった。 考えてみれば、前の日はこの50ポイントも上で買い戻しているのに。安いというところを十分承知したうえでのユーロショートだ。リスクは余り取れない。機械的に20ポイントアゲインストでストップ注文を置いてしまう。

 ユーロドルは1.3235のあたりで何度か止められたが、ドル買い圧力も相当強いので、ユーロドルの戻しは実に限定的だ。私も比較的、安心して見ていられた。あとは何度目かの下目トライでスポっと抜けるのを期待するだけである(笑)。できれば私が寝入る0時前には突っ込んでいてほしいものだ。

 そんなことを考えていると21時過ぎにユーロドルは一段安、そしてニューヨーク株の始まるあたりでも、さらに差し込んできた。ユーロドルが1.31台に突入というキリのよいこともあって、私は1.3196で買い戻し。私は寝てしまったが、その後もドルは全面高のままで推移した。

 週明けの今日の早朝は、ドル高がどこまで突き進むかに注目が集まった。特にウィークエンドで大きなニュースはなかった。ロシアの大統領選挙くらいだろうか。ドル円はやはり81.80レベルから上値追いの姿勢で、ユーロドルも1.31台でドル高を志向していた。中国の全人代で成長目標がプラス7.5%に引き下げられたが、これは予想通りである。

 しかしこれはリスク回避の材料と受け取られたようで、次第に株価が下がってきて、それに合わせてドル円やユーロ円も頭が重くなっていった。81.90が触っていないようなので、私は81.90で買い戻しのストップ注文を置いて、81.71で売ってみた。もちろん株価の反転などが見受けられたら、ドル円が動いてなくても買い戻すつもり。

 仲値決めがあるので、円売り圧力が強くなる。だから私はアジア時間の午前中はできる限り、円ロングのポジションを作らないことにしているのだが、早朝の上値トライが失敗のようにも見えるので、まあ仕方がないところだ。やはり仲値にかけて若干ドル円は上昇しそうにも見えたが、ダイナミックな動きはなし。

 むしろ午後になってからの日本株の下落をうけて、ドル円の下げが加速した格好だった。ドル円は午前中の安値であった81.52を下回ってくると、下げは加速し、81.21まで。私も利食いをしたいところだが、とりあえずストップ注文を@81.45に下げて勝負中だ。

 今晩は夜中に小さい指標が出る程度。注目は下げ傾向を見せ始めている米国株の行方であろう。先週はずっと高値攻めをしていた米国株だったが、今週末の雇用統計にまでに積み上がった株ロングのポジション調整が入ってもおかしくない状況だと見ている。

 すでにグローベックスでは米国株が安値模索をしているが、これが一段安になるケースではドル円やユーロ円もいっそうの押し目を拡げることになりそうだ。売り増しかな?

日本時間 17時20分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る