ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

独米の金利は歴史を更新中!
忍耐いるがやはりユーロショートで粘る

2012年05月31日(木)18:51公開 (2012年05月31日(木)18:51更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は欧州の信用不安が極まった。今月に入ってからドイツ債は、ほぼ連日のように過去の最低利回りを更新してくるほど買われている。その一方でイタリアとスペインの国債は10年もので利回りが6.5%の水準を越えてきても、なおも不安で売り足りないといった感じ。そしてどんどんマタ裂きになって国債の値段が極端に動いていく。

 言うまでもなく、これはリスク回避の動きの顕著な現れであり、それほどリスク資産にはお金を回すことができず、安い利回りでもいいからとにかく安全資産と目されるものに資金を置いておきたいという姿勢が明らかだ。おかげで米国債も欧州時間のうちに過去の最低利回りを抜けてきた。

 アメリカの10年債の場合は去年の9月23日に記録した1.691%というのが、最近の目標だった。今月に入って新しい10年債も流通し始めたが、なかなか1.7%自体を割り込んで来なかった。それがようやくブレークしてきて、ニューワールドへ入ってきたのだ。世の中のお金の動きを量で測るとしたら、ドイツ債や米国債のほうが圧倒的に多いので、この際、信用スプレッドが拡大しているからと言っても、スペイン債やイタリア債の値動きをウオッチする必要はない。

 その重要な米国債やドイツ債が歴史を作っている間、当然のごとくにユーロ売りが盛んとなった。昨日はめずらしくアジア時間でのユーロの買い上げはほとんど起こらず、ユーロドルは1.2460あたりでじっとしていた。ドイツ債の10年ものが1.33%を割り込んできたとニュースフラッシュに流れたとあっては、私もユーロ売りを敢行しなくてはいけないところだ。

 なんとか1.2451でショートを作って、1.2575で買い戻しのストップ注文を置いて、しばらく様子を見る。すでにグローベックスでの米国株は大幅安をしているので、さらなるリスク回避をきたいするということは、この株価がもっと値下がりすることを期待しているのと同じことだ。その前日に米国株は大きく戻っているので、そのゲインが全部なくなると考えれば、もう一段安しても現実味はある。

 イタリアの国債入札が順調でなかったとか、スペインのバンキア救済にECB(欧州中銀)が合意していないだとか、とにかく欧州時間ではユーロ売りのニュースには事欠かなかった。途中でひやりとする場面もあったが、ニューヨークオープンのころには1.24台の前半まで来た。

 夜のうちにでも1.23台はあるとは思っていたが、なかなかそう簡単にも行かないものである。しかもその間にしっかりとショートポジションを持っているというのは極めて難しい。こうなってくると、もう経済指標や要人発言は関係ない。値動きだけである。ユーロドルの値段もそうだが、米国債が世の中の危険を発しているうちはリスク回避である。

 日付も変わろうとする頃になって、米国債は1.616%まで行ってしまい、そしてユーロドルも1.24台を割り込んだ。ほとんど戻りらしい戻りも作らずにここまで下がってきたのだ。20ポイント以上も反転するならば、そこからショートカバーの始まりになるかもしれない。ここは一発、売り増しして、売ったところから20ポイントアゲインストで全部をクローズするという作戦しかなさそうだ。

 この時点でユーロの底値がどこであるかなどと予測できるものではないからだ。もちろんこの20ポイントアゲインストというのは、これから探るであろう底値に対してでもある。いわゆるトレーリングストップの形にするわけだ。底値は拾えない以上は、これが最善の方策だろう。とくに現行のユーロのフレッシュゾーンをやっている場合は特にである。

 結局はユーロドルの底値は4時過ぎに付けた1.2361だったので、私の買い戻しゾーンは1.2381を越えてからということになっていたのだが、今日のアジア時間になってもなかなかユーロドルは上がらず。しかしアジア時間でさらなるリスク回避が出てしまい、株価は安値突っ込みをした上に、米国債も時間外取引で1.593%まで買い進まれた。

 これで目先の達成感も出てきたようだ。日本株も安いレベルをトライしたが、徐々に底打ち感も出てきた。私のポジションも倍加しているので、そろそろ止めどきだろう。私が1.2368で買い戻してもユーロドルはなかなか上がらなかったが、欧州時間が近づくと1.24台を回復。ここまで戻ってきても、また落ちるのだろうなと思いながらネクストチャンスを待つことにした。

 今晩はADPの雇用指数が注目される。15万人くらいの増加が見込まれているが、結果が良ければ良いでドル買いになってユーロドルが下がりそうだし、悪ければリスク回避となってユーロ円主導のユーロ下落が起こりそうだ。つまりどちらでもユーロドルは下がる方向にバイアスがかかっているのではないかということだ。1.24台のミドルまでにはショートを作っておきたい。

日本時間 18時30分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る