ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

田向宏行
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

議会証言への期待はあっさり失望
リスクオンの反動狙いユーロドルショート!

2012年06月08日(金)18:07公開 (2012年06月08日(金)18:07更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 昨日の海外市場では、中国の利下げというサプライズが混じった。そもそもBOE(英中銀)の金融政策を待っていた時間帯だ。私も遅い食事を取りながら、どうせBOEは何もしないに違いないという姿勢でのんびりと構えていた。ユーロドルが1.25台の後半をやっていて、明らかに23時からのバーナンキ議長のスピーチ期待がありありとしている状態であった。

 まあこれで、株価でも落ち出したら文句なくユーロ売りに励もうと思っていた矢先だ。いきなりグローベックスでの米国株が急騰。ユーロドルが1.26台にちょっと触った感じだったが、すぐに垂れてきた。とにかく株価が異常な値上がり。まさかBOEが何か金融緩和でもおこなったのだろうか?

 でもそれだとユーロポンドが急上昇していないといけないところなのに、ユーロポンドはむしろ下がっている。形のうえではポンド買いになっているのだ。食べるのも忘れてPCの画面でいろいろ調べると、中国が25ベーシスの利下げをしたようだ。そういえば上海株指数も4月はじめ水準までまた下がって来ちゃったなぁと、少し前の夕方に思っていた。

 確かに最近の中国の経済指標はスローダウンを明確に示しているので、いつ利下げに動いてもおかしはない状況ではあった。しかもこれまでにも何回か預金準備率なんかも引き下げてきている。とりあえずユーロ売りに励むどころではなくなってきた。米国株のオープンを待って対処するしかない。それまでは大いにリスクテークが進みそうである。

 米国株はまったく押し目もなく上昇して、そのまま大幅高の状態でスタートした。先週の雇用統計の出る直前のレベルははるかに通り越して、相当に期待が高まっている。すでに日経先物も8700円を触っている。週初には8210円という今年の最安値を記録したばかりというのに。リスク性の高いものの代表である原油価格も、週初の81ドル台から一転、87ドル台を触っている。以下にバーナンキ発言に期待が集中しているかの表れでもある。

 結局のところ、バーナンキ議長は必要になれば追加緩和を行うとしながらも、QE3についてはまったく触れなかった。これは当局の責任者としては妥当なコメントだろう。下手にマーケットに対して言質を与えるようなことはしたくないはずだ。かなりマイルドに表現したつもりだったのかもしれないが、マーケットの期待が高過ぎて、逆に失望を招くこととなった。

 まっさきに落ちたのはユーロドルだったが、それでも高値の1.26台からは60ポイント程度のものだった。とても発射台からはほど遠い。米国株も下がり出しはしたが、それまでのかなり上がって来ているので、とてもリスク回避というレベルではなく、単なる利食い売りが優勢になってきたという感じ。これではとてもユーロ円やユーロドルを突っ込んで売っていく気がしない。

 早起きしてニューヨーククローズに参加した。米国株などは下がったものの、あくまでも日中のゲインを吐き出しただけ。特に前日比で大幅下落というわけでもない。日経先物も8600円台はキープしており、それほどリスクオフになっているという感じでもなかった。アジア時間に入ると急激に株安が進み、それが今更になって前日のバーナンキ議長の姿勢のせいにされている。

 とにかく日本株も下がり出したのだし、外部環境がついてきたので、ようやく私もユーロドルを売る決心がついた。朝いちの1.25台の後半は見ていながらも手を出せなかったのが残念だが、それは仕方のないところだ。日経先物が9500円を割り込んでくるタイミングでユーロ売りをしたが、1.2533だった。 いかにも売り遅れっぽい。しかし1.2555でロスカット注文だけ置いて、しばらくは様子見。かなり時間はかかったが、ストップレベルにもひっかからず、欧州勢の参入する頃あいでユーロドルは1.24台に突入した。

 今晩は昨日から続いている失望売りのサイドが試される。すでに欧州市場では株安、金利安といったリスク回避の方向の動きが強まっているが、この流れが加速するのか、それとも反転するのか。経済指標は貿易収支しかないため、これは材料視されない。なにか要人発言で面白いことが出てくれば別だが、この流れを変えるのはたいへんだろう。私はユーロドルの1.23台への飛び込みもありと見ている。


日本時間 17時50分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10
バイナリーオプション比較 トルコリラスワップポイントランキング キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る