ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バイナリーオプションおすすめ比較[2023年最新版]初心者におすすめのバイナリーオプション(BO)口座を紹介!

バイナリーオプションおすすめ比較!【2023年最新】
BOのおすすめ口座を国内の全7サービスを比較して紹介

2023年11月15日(水)15:35公開 (2023年12月07日(木)19:00更新)
ザイFX!編集部

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

「バイナリーオプション」は、数分~数時間後の判定時刻に対象となる為替レートや株価指数が、指定した数値(権利行使価格)を上回るか下回るかなどを予測する金融商品です。為替レートを対象にしたものが一般的で、数十円程度からの少額で取引を始めることができる手軽さと、「二者択一」のシンプルなルールで人気を集めています。

 バイナリーオプションには、「1回の取引における損失額が限定されている」という大きな特徴があります。通常のFX取引では、ポジションの大きさや値動き次第で利益や損失が変動しますが、バイナリーオプションは取引を始める時点で、最大利益と最大損失が決定するのでリスク管理が苦手な人も安心です。また、バイナリーオプションは一般的に2時間以内、長いものでもその日のうちに必ず取引が終わるので、含み損が発生したポジションを損切りできず、長時間にわたって保有し続けるようなこともありません。

 このように、バイナリーオプションは損失や取引時間が限定的で、少額から取引できるだけでなく、為替レートが「上昇するか、下落するか」という値動きのクセを見極めたり、為替レートの予測の精度を高めるトレーニングにもなるので、FXより先にバイナリーオプションを取引してみるという使い方もおすすめです。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプションとは? バイナリーオプションのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや「おすすめ口座」を解説!

 バイナリーオプションを取引する場合、FX会社などが提供しているバイナリーオプション専用の取引口座を開設する必要があります。2023年11月時点では、7つのバイナリーオプション口座が金融商品取引業の登録を行ってサービスを提供しています(サービスの終了が決定している口座は除く)。

 各口座はそれぞれ、「取引できるバイナリーオプションの種類」「取引できる通貨ペアの種類」「購入から判定時刻までの長さ」などで違いがあります。口座間の判定時刻のズレなどを利用することで、収益機会を拡大させるようなやり方も可能になるので、各バイナリーオプション口座の特徴などを把握したうえで、複数のバイナリーオプション口座を同時に保有しておくのもおすすめです。

 ただし、すべてのバイナリーオプション口座を調べて比較するのは面倒。そこで、ザイFX!編集部では、バイナリーオプションが取引できる全7口座の、バイナリーオプションの種類、取引できる銘柄の数、最低取引単位などを比較して、おすすめのバイナリーオプション口座として3つを詳しく解説! さらに、全バイナリーオプション口座を比較できる一覧も作成しました。
【※全7口座の一覧表はこちら!】
バイナリーオプション全7口座を「取引単位」や「取り扱いタイプ」「銘柄数」で比較!

ザイFX!編集部おすすめのバイナリーオプション口座はココだ!

 まずは、「取引できるオプションの種類」「取引ツールの使いやすさ」「取り扱い銘柄の豊富さ」の3つの観点から、ザイFX!編集部おすすめのバイナリーオプション口座を紹介します。


★ IG証券(バイナリーオプション)

“取り扱い銘柄が多彩で、為替以外に株価指数やコモディティも取引できる!”

IG証券(バイナリーオプション)公式サイト画像

IG証券のバイナリーオプション口座は、日経225(日経平均)やNYダウ(ダウ平均)などの株価指数、原油先物や金(ゴールド)先物などの商品(コモディティ)も取引できるのが最大の特徴です。バイナリーオプションは、通貨ペアの値動きを対象にしたものが一般的なので、通貨ペア以外の銘柄も取引できるIG証券は、多彩な銘柄をバイナリーオプションで取引したい人に特におすすめです。

IG証券(バイナリーオプション)PC版取引画面「ウォール街株価指数(NYダウ)・当日」(クリックで拡大)
IG証券(バイナリーオプション)PC版取引画面「ウォール街株価指数(NYダウ)・当日」

IG証券で取引できるタイプは一般的な「ラダー」だけですが、投資対象が幅広いだけでなく、権利行使価格が非常に多く、多彩な戦略を駆使して取引を楽しめるという特徴もあります。IG証券の取引ツールは、FX・CFDなどの他の金融商品へも即座にアクセスできる仕様なので、バイナリーオプションと併せてさまざまな金融商品を取引する人や、一般的なバイナリーオプションでは満足できない上級者も満足できるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
「IG証券(バイナリーオプション)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!


★ 外為オプション(GMOクリック証券)

“取引ツールの使いやすさは業界No.1。 1時間の重複があるのも特徴的”

外為オプション(GMOクリック証券)公式サイト画像

 GMOクリック証券の「外為オプション」は、取引ツールの使いやすさで他社を圧倒しているバイナリーオプション口座です。パソコン(PC)・スマホともにスタイリッシュで見た目も美しいうえ、使い勝手も文句なし。どこにいてもストレスなく取引できるのが最大のメリットで、多くの投資家におすすめできます。

外為オプション(GMOクリック証券)PC版取引画面(クリックで拡大)
GMOクリック証券【外為オプション】PC版取引ツール

「外為オプション」には、購入から判定時刻までの時間が「最大3時間」と、他の一般的なバイナリーオプション口座の「最大2時間」に比べて、1回の時間が長い設定されています。さらに、各回ごとに1時間の重複があるのも特徴です。

「外為オプション」と、同じグループ企業のGMO外貨が提供する「オプトレ!」の口座を両方とも開設して、各口座の取引時間や判定時間のズレを利用すれば、より戦略的な取引も可能になり、収益チャンスも拡大するでしょう。
【※関連記事はこちら!】
「外為オプション(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!


★ オプトレ!(GMO外貨)

“「ラダー」と「レンジ」の2タイプ、2種類のレンジある貴重な口座!”

外為オプション(GMOクリック証券)公式サイト画像

 GMO外貨の「オプトレ!」は、「ラダー」に加え、「レンジ」も取引できるのが大きな特徴です。

 「ラダー」は、「為替レートが指定した価格を上回るか下回るか」を予測する取引で、「レンジ」は「為替レートが指定した範囲(レンジ)内に収まるか収まらないか」を予測する取引のこと。バイナリーオプションといえば「ラダー」を指すのが主流で、「レンジ」を取引できるバイナリーオプション口座は少ないため、「オプトレ!」は貴重な存在です。

「ラダー」も「レンジ」も取引できる「オプトレ!」なら、値動きがあるときは「ラダー」、こう着しているときは「レンジ」といったように、相場の状況に応じて2つのタイプを使いわけることが可能です。さらに、「レンジ」には選択できるレンジの幅が異なる「シングル」と「ワイド」の2パターンがあります。これは、「オプトレ!」だけが提供しているもので、こちらも相場の状況に応じてうまく使い分けながら取引することができれば、収益チャンスが拡大します。

オプトレ!(GMO外貨)PC版取引画面「レンジ・ワイド」(クリックで拡大)
オプトレ!(GMO外貨)PC版取引画面「レンジ・ワイド」

 さらに、一般的なバイナリーオプションでは、判定時刻の2分前でオプションの購入や購入したオプションの売却ができなくなりますが、という特徴もあります。「オプトレ!」には​すべてのタイプで判定時刻の1分前まで取引できるという特徴もあります。

取り扱う通貨ペアも8ペアと豊富で、直感的な操作が可能な取引ツールにも定評があります。「レンジ」も取引したいという人だけでなく、あらゆる投資家にとってメリットが大きいおすすめの口座です。
【※関連記事はこちら!】
「オプトレ!(GMO外貨)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!

バイナリーオプション全7口座の詳しいスペックを徹底比較!

 ザイFX!では、バイナリーオプション全7口座のサービス内容を定期的に調査し、継続してサービスの比較を行っています。下の比較表は、それをまとめたものです。

 最低取引単位やぺイアウト倍率、オプションの種類などが一覧で確認できるので、各サービスの比較に活用して、バイナリーオプション口座選びの参考にしてください。

【2023年11月15日時点】
■バイナリーオプション全7口座を「取引単位」や「取り扱いタイプ」「銘柄数」で比較!
◆ IG証券(バイナリーオプション)⇒詳細情報ページへ
最低取引単位 ペイアウト倍率
0.1ロット 変動
購入から判定までの時間 設定回数
「2時間」…最短2分~最長2時間
「当日」…最短2分~最長23時間
「2時間」…各通貨ペア1日12回(2時間ごと)
「当日」…各通貨ペア1日5回
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダー…コール 20コース
取引できる通貨ペアなど
「2時間」…7通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル・英ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル)
「当日」…5通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル)
※そのほか、株価指数やコモディティなど13銘柄の取引が可能
【IG証券(バイナリーオプション)のおすすめポイント】
IG証券の「バイナリーオプション」では、取引開始から判定時刻までの時間が最大「2時間」と、最大23時間の「当日」の2つのパターンで「ラダー」が取引できます。他社のバイナリーオプションよりも権利行使価格(目標レート)の数が多いので、複数のポジションを保有して戦略的に取引したい中上級者も満足できるでしょう。また、株価指数や商品(コモディティ)も取引できる貴重な口座なので、通貨ペア以外の銘柄でバイナリーオプションを楽しみたい人にもおすすめです。
【IG証券(バイナリーオプション)の関連記事】
■IG証券(バイナリーオプション)のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!
▼IG証券(バイナリーオプション)▼
IG証券(バイナリーオプション)の公式サイトはこちら
◆ 外為オプション(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ
最低取引単位 ペイアウト倍率
1枚(約50~999円)
購入から判定までの時間 設定回数
最短2分~最長3時間 各通貨ペア1日10回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダー…コール/プット 各7コース
取引できる通貨ペア
5通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル)
【外為オプション(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「外為オプション」では、バイナリーオプションとしてはもっとも一般的な「ラダー」が取引できます。GMOクリック証券は取引ツールの使いやすさに定評があり、「外為オプション」もPCとスマホの両方から、直感的な操作でストレスのない取引が楽しめます。1回の取引時間が最大3時間と、他の一般的なバイナリーオプション口座よりも少し長めに設定されていて、各回で1時間の重複があるのも特徴です。
【外為オプション(GMOクリック証券)の関連記事】
■外為オプション(GMOクリック証券)のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!
▼外為オプション(GMOクリック証券)▼
外為オプション(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
◆ オプトレ!(GMO外貨)⇒詳細情報ページへ
最低取引単位 ペイアウト倍率
1口(40~990円) 約1~25倍
購入から判定までの時間 設定回数
最短1分~最長2時間 各通貨ペア1日11回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダー…コール/プット 各6コース
レンジ(シングル・ワイド)…イン/アウト 各5コース
取引できる通貨ペア
8通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ニュージーランドドル/円・ユーロ/米ドル・英ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル)
【オプトレ!(GMO外貨)のおすすめポイント】
GMO外貨の「オプトレ!」は、一般的な「ラダー」に加え、判定時に為替レートが一定のレンジ(値幅)に収まっているかどうかを予測する「レンジ」が取引できる、数少ないバイナリーオプション口座の1つです。さらに、「レンジ」には設定された幅によって「シングル」と「ワイド」の2パターンがあるのも特徴的で、より戦略的な取引も可能になります。判定時刻の1分前まで取引できるのも大きなポイント。取り扱い通貨ペア数も、8ペアと充実しています。
【オプトレ!(GMO外貨)の関連記事】
■オプトレ!(GMO外貨)のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!
▼オプトレ!(GMO外貨)▼
オプトレ!(GMO外貨)の公式サイトはこちら
◆ らくオプ(楽天証券)
最低取引単位 ペイアウト倍率
1枚(約50~999円) 約1~20倍
購入から判定までの時間 設定回数
最短2分~最長2時間 各通貨ペア1日10回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダー…コール/プット 各7コース
取引できる通貨ペア
5通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル)
【らくオプ(楽天証券)のおすすめポイント】
「らくオプ」は、大手ネット証券の楽天証券が提供するバイナリーオプション口座。オーソドックスな「ラダー」を取り扱っていて、シンプルかつ使いやすい取引画面で初心者にもおすすめです。購入資金に楽天ポイントを利用できるのも特徴的で、購入に必要な分のポイントがあれば、ポイントだけでオプションを購入することも可能です。楽天グループのサービスを活用していて、楽天ポイントを有効に使いたい人にもおすすめできます。
▼らくオプ(楽天証券)▼
らくオプ(楽天証券)の公式サイトはこちら
◆ 株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ
最低取引単位 ペイアウト倍率
1枚(約50~999円)
購入から判定までの時間 設定回数
最短2分~最長3時間 各銘柄1日9回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダーオプション…コール/プット 各7コース
取引できる銘柄
株価指数2銘柄(日経225・米国30)
【株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「株価指数バイナリーオプション」は、GMOクリック証券がCFDで取り扱う日経平均を原資産とした「日本225」と、NYダウを原資産とした「米国30」を取引できる、株価指数専用のバイナリーオプション口座です。取り扱いは2銘柄と限定されていますが、バイナリーオプションで株価指数を取引できる珍しいサービスとして人気があります。
【株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)の関連記事】
■株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる銘柄」「最低取引単位」などをまとめて紹介!
▼株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)▼
株価指数バイナリーオプション(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら
◆ 外貨ネクストバイナリー(外為どっとコム)
最低取引単位 ペイアウト倍率
1ロット(40~999円) 約1~25倍
購入から判定までの時間 設定回数
最短2分~最長2時間 各通貨ペア1日10回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダーオプション…コール/プット 各7コース
取引できる通貨ペア
5通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル)
【外貨ネクストバイナリー(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストバイナリー」は、「ラダー」に特化したバイナリーオプション口座です。シンプルでわかりやすい取引画面に定評があり、初心者も安心して取引できます。
【外為どっとコムの関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
◆ みんなのオプション(トレイダーズ証券)
最低取引単位 ペイアウト倍率
1ロット(50~990円) 約1~20倍
購入から判定までの時間 設定回数
最短2分~最長2時間 各通貨ペア1日11回(2時間ごと)
取引できるバイナリーオプションの種類
ラダー…コール/プット 各5コース
レンジ…イン/アウト 各4コース
取引できる通貨ペア
4通貨ペア(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・ユーロ/米ドル)
【みんなのオプション(トレイダーズ証券)のおすすめポイント】
「みんなのオプション」には「ラダー」に加え、「レンジ」の取り扱いもあります。シンプルな取引画面は直感的な操作が可能なので、初心者も安心して取引できます。
【トレイダーズ証券の関連記事】
■トレイダーズ証券「みんなのFX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
※サービスの終了が決定している口座は掲載していません。本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。また、サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社へお問い合わせください。

ザイタイアップバナー

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る