ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】ザイFX!限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

ザイスポFX!
バックナンバー

IG証券【バイナリーオプション】の
メリット・デメリットを含む特徴とおすすめ
ポイントを解説! 豊富な銘柄が魅力!

2018年05月09日(水)15:00公開 [2021年08月11日(水)17:20更新]

【ザイFX!からの口座開設者限定】超お得!!なタイアップキャンペーンを一覧で公開!

★IG証券【バイナリーオプション】

IG証券【バイナリーオプション】の公式サイト

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら

IG証券【バイナリーオプション】の基本情報
ペイアウト額 1万円(0.1Lotの場合)
10万円(1Lotの場合)
※いずれも円絡みの通貨ペアの場合
最低単位 0.1ロット
ペイアウト倍率 変動
購入から判定まで 最短2分~最長23時間(当日)
最短2分~最長2時間(2時間)
取引通貨 7通貨ペア
・米ドル/円
・ユーロ/円
・英ポンド/円
・ユーロ/米ドル
・豪ドル/円
・豪ドル/米ドル(2時間のみ)
・英ポンド/米ドル(2時間のみ)
※その他、株価指数や商品(コモディティ)数種類
種類 ・ラダー
コール20コース
スマホ対応 iPhone(対応WEBブラウザ版)
Android(対応WEBブラウザ版)
取引時間 月曜AM5:00-土曜AM6:00(夏時間)/
月曜AM6:00-土曜AM7:00(冬時間)
設定回数 各通貨ペア1日12回(2時間ごと)
英ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル除く5通貨ペア1日5回
※株価指数やコモディティを原資産とするものは銘柄により異なる
取引手数料 無料

(本記事はIG証券のバイナリーオプション取引サービスを紹介し、メリットやデメリットを含む特徴をわかりやすく伝えることで、バイナリーオプションを取り扱うFX会社選びの参考にしていただくことを目的としています)

 IG証券は、ロンドン証券取引所に上場する英国IGグループの100%子会社です。CFDやFXでは、取り扱い銘柄が豊富なことで知られていますが、それは【バイナリーオプション】も同じ。IG証券【バイナリーオプション】では、主要通貨ペアに加えて、株価指数や商品(コモディティ)の銘柄を取り扱っており、全部で20を超える銘柄を取引することができます。

 また、オプションの種類はラダーのみですが、取引期間には「2時間」と「当日」の2種類があったり、権利行使価格が他社よりも多い20コースだったりと、取引戦略の幅も広がりそうな独自性のあるサービスを展開しているのが、IG証券【バイナリーオプション】の特徴です。


【目次(もくじ)】

IG証券【バイナリーオプション】の特徴(メリット・デメリット含む)

日本で初めてバイナリーオプションを提供
国内最多20銘柄以上の取り扱い
当日と2時間、2種類の期間のラダーオプション
権利行使価格は業界最多20コース
国内で唯一、バイナリーオプションの新規売りができる
オールインワンの取引プラットフォーム
取引上限なし
長期間、取引しなければ口座管理手数料がかかる

IG証券【バイナリーオプション】の口座開設方法

まとめ


■IG証券【バイナリーオプション】の特徴(メリット・デメリット含む)

・日本で初めてバイナリーオプションを提供

 IG証券は、世界15カ国で金融事業サービスを展開する英国IGグループの100%子会社で、FXやCFDに加え、バイナリーオプションやノックアウト・オプションなどかなり幅広い金融商品の取引が可能な会社ですが、実は、日本で初めてバイナリーオプションを提供したのがIG証券

IG証券【バイナリーオプション】は、国内バイナリーオプションの本家といってもいいサービスなのです。

 主流派のバイナリーオプションサービスに比べると、やや中上級者向けの印象があるIG証券【バイナリーオプション】ですが、提供開始以来、より自由度の高い取引環境を求めるユーザーの選択肢として、存在感を示し続けています。

・国内最多20銘柄以上の取り扱い

 IG証券【バイナリーオプション】の特徴として、まず挙げられるのは取り扱い銘柄数の多さでしょう。

 他社が提供しているのは、ほぼ主要通貨ペアだけで、通貨ペア以外の銘柄というと、IG証券以外では、GMOクリック証券【株価指数バイナリーオプション】が、日経225と米国30の株価指数2銘柄を提供しているのみ…。

 これに対してIG証券【バイナリーオプション】は、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドルの7通貨ペアに加えて、日経225やNYダウなどの株価指数、原油先物や金先物といったコモディティも取引でき、銘柄数は20を超えています。

IG証券【バイナリーオプション】の取扱い銘柄
IG証券【バイナリーオプション】の取扱い銘柄

(出所:IG証券)

 通貨ペア以外のバイナリーオプションでも幅広く取引したいという方には、この銘柄ラインナップは、かなり魅力的なのではないでしょうか? これだけの銘柄をバイナリーオプションで取引できるのは、国内ではIG証券だけです。

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら

・当日と2時間、2種類の期間のラダーオプション

 バイナリーオプションは、一定時間後にマーケットがどうなっているかを予想する二者択一の取引で、IG証券【バイナリーオプション】では、原資産の価格が取引終了時に、目標価格より上か下かを予測する「ラダーオプション」を扱っています。

 以前は、原資産の価格が所定のレンジを維持するかしないかを予測する「レンジオプション」や、原資産の価格が取引期間中に一度でも目標価格にタッチするかどうかを予測する「ワンタッチオプション」もありましたが、2019年11月の取引プラットフォームのリニューアルに伴い、ラダーオプションのみの取り扱いとなりました。

 バイナリーオプションは取引開始時刻から判定時刻まで、おおむね2~3時間に設定されているのが一般的ですが、IG証券【バイナリーオプション】には、一般的な「2時間」のほか、23時間の「当日」があります。この「当日」という取引期間は、IG証券以外の会社にはありません。

通貨ペアを原資産とするバイナリーオプション
通貨ペアを原資産とするバイナリーオプション

(出所:IG証券)
※英国夏時間適用時は1時間早まる
※英ポンド/米ドルと豪ドル/米ドルは「当日」未対応。また、株価指数やコモディティを原資産とするバイナリーオプションの取引期間は銘柄によって異なる

 上表のように、「当日」が1日5回、「2時間」が12回開催されますが、特に、2時間のラダーオプションは途切れなく実施されているので、24時間どの時間帯からでも取引に参加することができます。日中、仕事などで時間が取れない方にも、十分チャンスがありそうです。

・権利行使価格は業界最多20コース

 提示される権利行使価格の多さも、IG証券【バイナリーオプション】の特徴のひとつです。

 他社の権利行使価格を見ると、その多くが5~7コース程度。IG証券の場合は、以下のキャプチャからもわかるように、ダントツの20コースです。ちなみに20コースというのは、原資産が通貨ペアのものの話。株価指数やコモディティを原資産とする銘柄では、権利行使価格が最大40コースのものもあります。

IG証券【バイナリーオプション】の英ポンド/円取引画面
IG証券【バイナリーオプション】の英ポンド/円取引画面

(出所:IG証券)

 権利行使価格は多ければいいというわけではありませんが、複数ポジションを保有して戦略的な取引をしたい人などにとって、選択肢が多いのはメリットなのではないでしょうか。

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら

・ 国内で唯一、バイナリーオプションの新規売りができる

 やや専門的になりますが、ほとんどの国内のバイナリーオプションではオプションの新規買いしかできず、オプションの新規売りはできません。ざっくり言うと、通常、国内バイナリーオプションの中のラダーオプションでは、相場が上がると思えば、コールオプションを買い、相場が下がると思えばプットオプションを買うことになります。

 ところが、IG証券【バイナリーオプション】は国内で唯一、バイナリーオプションの新規売りができるのです(※)。オプションの新規売りと言うと損失無限大になると聞いたことがある人もいるかもしれませんが、バイナリーオプションの場合は損失無限大にはなりません(ウソだと思う人はこのあとの説明を読んでみてください)。

(※バイナリーオプション以外で外国為替のバニラオプションと呼ばれるものでは、サクソバンク証券がオプションの新規売りを取り扱っている)

【参考記事】
本格的なFX オプションができる会社を徹底比較! FXのリスクヘッジに活用!?

IG証券【バイナリーオプション】は、オプションの新規売りができる代わりにプットオプションがなく、コールオプションしかないということが他社と違った特徴的なことになっています。ざっくり言うと、IG証券【バイナリーオプション】では相場が上がると思えばコールオプションを買い、相場が下がると思えばコールオプションを売ることになるのです。

IG証券と他社のラダーオプションの違い

※表はザイFX!編集部が作成

 何だかややこしく感じられますが、実際の取引画面で見てみれば、それほどは複雑ではありません。

IG証券の【バイナリーオプション】英ポンド/円取引画面(再掲載)
IG証券の【バイナリーオプション】英ポンド/円取引画面(再掲載)

(出所:IG証券)

 この画面では英ポンド/円の現在レートが13339.4と表示されています。これは133.394円のことを表しています(小数点の位置が一般的なレート表示とズレていることはIG証券のわかりにくい点です)。

 このとき、133.36円のところを見ると「買値」の方に「80.5」と表示されています。相場は上昇方向とみて、こちらをクリックすれば、80.5ポイントでコールオプションを買うことになります。そして、思惑どおり、取引終了時刻に133.36円以上になれば、100ポイントのペイアウトがあります。オプションを買うために80.5ポイントを支払った形ですから、利益は100-80.5=19.5ポイントになります(「ポイント」についてはあとはで説明します)

 逆に思惑がはずれ、取引終了時刻に133.36円未満だったらペイアウトはゼロです。オプションを買うために支払った80.5ポイントが損失になります。

 今度は133.36円のところの「売値」の方を見てみましょう。「売値」には「63.9」と表示されています。相場は下落方向とみて、こちらをクリックすれば、63.9ポイントでコールオプションを売ることになります。そして、思惑どおり、取引終了時刻に133.36円未満になれば、何も支払う必要がありません。すると、売ったときの価格である63.9ポイントがまるまる利益になるのです。

 逆に思惑がはずれ、取引終了時刻に133.36円以上になってしまったら100ポイントを支払わなければなりません。63.9ポイント分はオプションを売ったときにもらったような計算になりますので、結局、100-63.9=36.1ポイントの損失になります。

 さらに、IG証券【バイナリーオプション】の円絡みの通貨ペアでは、1ロット取引した場合、1ポイントは1000円に相当しますので、ここまでに出てきた利益/損失の金額は以下のようになります。

・ 19.5ポイントの利益=1万9500円
・ 80.5ポイントの損失=8万500円
・ 63.9ポイントの利益=6万3900円
・ 36.1ポイントの損失=3万6100円

 8万500円と聞くと結構大きな金額ですが、IG証券【バイナリーオプション】では最低0.1ロットからの取引が可能ですので、0.1ロットの取引なら、これは8050円相当ということになります。

・オールインワンの取引プラットフォーム

 IG証券は外資系ということで、他の国内会社と比べると、ややとっつきにくい印象がある取引プラットフォームなのですが、高機能であることは間違いないでしょう。

 多くの取り扱い会社で、バイナリーオプションの取引プラットフォームは、他の金融商品から独立して存在しますが、IG証券は違います。ひとつの取引プラットフォームで、FXやCFD、バイナリーオプションなど、各金融商品の取引画面にアクセスすることができるオールインワン設計になっているのです。

IG証券のマイページのダッシュボード画面
IG証券のマイページのダッシュボード画面

(出所:IG証券)

 各金融商品の取引画面にアクセスできるオールインワン設計は、いろいろな金融商品を取引する方にはメリットとなりますが、初心者にとっては、わかりにくい…ということで、使い勝手の面でデメリットになるかも…。慣れるまで、根気強く使っていく必要があるかもしれません。

 試しにバイナリーオプションの取引画面を表示してみましょう。たとえば、通貨ペアのバイナリーオプションはFX口座での取引になるので、「FX口座」を選択します(※)。FX口座に移動すると、メニューのなかに「バイナリー」が出てくるので、これを選びます。

(※株価指数やコモディティを原資産とする銘柄は、それぞれ「株価指数口座」や「商品口座」の中に取引画面がある)

FX口座のメニュー
FX口座のメニュー

(出所:IG証券)

 バイナリーオプションの取引画面では、その時点で取引が可能なバイナリーオプションの一覧が表示されます。一覧には7通貨ペアが表示されていますが、英ポンド/米ドルと豪ドル/米ドルは、取引期間「当日」に対応していないので、「2時間」のみが表示されている状態です。

取引可能なバイナリーオプションの一覧
取引可能なバイナリーオプションの一覧

(出所:IG証券)

 このなかからいずれかを選べば、各通貨ペアのバイナリーオプションの取引画面に移動するというわけです。

IG証券【バイナリーオプション】の取引画面(クリックで拡大)
IG証券【バイナリーオプション】の取引画面

(出所:IG証券)

 取引画面は、さっぱりした印象ですが、チャートのテクニカル指標、保有ポジション、お気に入り銘柄リストの表示/非表示など、さまざまな設定を好みのカタチに変更することができます。経済カレンダーやニュースも、この画面から閲覧することが可能です。

 あまり直感的に操作できるタイプのプラットフォームではないと思いますので、慣れるまで少し時間がかかりそうですが…自由度が高い点は、メリットのひとつといっていいでしょう。

 もちろん、スマホからの取引も可能ですから、場所を選ばずいつでもどこでも取引することができます。

・取引上限なし

 バイナリーオプションを取り扱う多くの会社では通常、1回あたりや1日あたりの取引数量や金額に上限が設けられています。しかし、IG証券の場合は、いずれの取引上限も設けられていません(※)これは、かなり珍しいことだと思います。

(※マーケットのボラティリティ、流動性によって注文が受け付けられない場合はある)

 もちろん、取引数量を増やしたからといって必ず利益が出せるとは限りませんし、その分、リスクコントロールはしっかりと行っていく必要はありますが、バイナリーオプションで大口取引をしたいトレーダーにとって、IG証券は有力な選択肢になりそうです。

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら

・長期間、取引しなければ口座管理手数料がかかる

 IG証券では、一定の条件に当てはまると月額550円(税込)の口座管理手数料が発生するという点には注意が必要です。

 一定の条件とは、「証拠金を1円以上、口座に預けている」、「すべての口座で6カ月、ポジションを保有していない」、「6カ月以上、取引をしていない」という3つの条件すべてを満たした場合を指します。

 バイナリーオプションを含め、何かしらの取引をしている時はいいのですが、長期間、IG証券での取引をお休みする場合などは気を付けるようにしてください。

■ IG証券【バイナリーオプション】の口座開設方法

IG証券【バイナリーオプション】の口座開設は、無料で行うことができます。申込みにかかる所要時間は、およそ3分です。

IG証券【バイナリーオプション】の公式サイト

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら

【IG証券の口座開設申込みから取引開始までの流れ】
・ ステップ1: 申込みフォーム入力
・ ステップ2: 本人確認書類を提出し、取引口座を開設
・ ステップ3: 知識確認テストを受けて合格する
→バイナリーオプションの取引開始

 まず、IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトの口座開設ボタンから申込みフォームを開き、氏名、メールアドレス、ユーザー名など、口座開設申込みに必要な項目を順に入力していきます。そして、本人確認書類のアップロードを行うと、IG証券側で審査が行われます。

 本人確認書類の提出にあたっては、スマホを活用したオンライン本人確認サービス(eKYC)を利用すれば、郵送での書類のやり取りが必要なく、最短1営業日で取引を始めることが可能です。オンライン本人確認サービスを利用しなかった場合は、取引開始までに最短でも3~5営業日程度の時間がかかります。

 審査完了後は、取引口座にログインして投資目的や経験を入力。その後、知識確認テストを受けます。バイナリーオプションを取引するには、この知識確認テストを必ず受け、合格する必要があるのです。テストに合格したら、すべての手続きは完了! いつでもバイナリーオプションの取引を始めることができます。

■ まとめ

 ここまでIG証券【バイナリーオプション】のメリットとデメリットを含む特徴を紹介してきました。

 通貨ペアだけでなく、株価指数やコモディティまでカバーする国内最多の取り扱い銘柄数に2種類(2時間と1日)の取引期間、20コース(株価指数やコモディティは最大40コース)の権利行使価格など、あらゆる面でユーザーの選択肢が豊富なのが、IG証券【バイナリーオプション】の特徴と言えます。

 スマホにも対応した取引プラットフォームも、カスタマイズ可能で自由度が高く、高機能です。

 また、バイナリーオプションで取引上限なしの大口取引ができることもIG証券だけのメリットですから、アクティブに取引したいトレーダーにとっては魅力のある口座でしょう。

 ただ、全体的には、やはり初心者向けというより中上級者向けという印象が強いサービスです。いろいろできる分、経験値が浅い方には難しく感じられることが多いと思います。初心者だけど、ぜひ、IG証券【バイナリーオプション】を利用したいと思うなら、一度デモ取引で試してみるのもありかもしれません。

【まとめ】
・ 全体的に初心者よりも中上級者や大口向けのサービス
・ 20を超える国内最多の取り扱い銘柄数(株価指数やコモディティも)
・ 取引期間や権利行使価格数、新規売りができる点で独自性あり
・ カスタマイズ可能で自由度が高い取引プラットフォーム
・ 取引上限がないので、アクティブな大口取引もOK

>>>IG証券【バイナリーオプション】の公式サイトはこちら


 他のバイナリーオプションも見てみたいという方は、「国内バイナリーオプション会社を徹底比較! 人気があって初心者にもおすすめの会社は?」をご覧ください。こちらでは、ザイFX!編集部が、日本のFX会社が扱っている、すべてのバイナリーオプションの種類や取り扱い銘柄数、取引時間などを継続して調査・比較しています。

【参考コンテンツ】
国内バイナリーオプション会社を徹底比較! 人気があって初心者にもおすすめの会社は?

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2822人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 107817人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ヒロセ通商[LION FX]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] 外貨ex byGMO[外貨ex] JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ