ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円ショートの巻き戻しも、
重要イベントたくさんだし値動き重視で!

2013年01月15日(火)17:30公開 (2013年01月15日(火)17:30更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は日本が休みだったが、早朝から円売りの仕掛けが入った。ドル円は金曜日の高値であった89.44を越えてくると、一気に89.66まで上昇。ストップロス的な買い戻しを誘発したものと思われるが、このレベルがこの日の高値になった。中国では外国人の投資規制が緩和されるのではないかとの観測がたって、中国株は急上昇。

 それにつられてアジア時間のグローベックスで日経先物は11000円台にタッチした。これは金曜日の東京クローズよりも200円弱の上昇となる。これでリスクテークの勢いは強まり、ドル円に少し遅れてユーロ円も上昇。ついに120円台乗せを見るに至った。

 昨日は大雪も降って、どうも私も神妙な気分になってしまった。為替相場をはじめ、マーケットではフレッシュゾーンをやっているにも関わらず、あまり参入しようという気になれない。ニューヨークオープンまで見ていたが、結局、アジア時間につけた高値をドル円もユーロ円も越えられずだった。イベントも早朝のバーナンキ議長の発言くらいしかないし、私は早々に寝入った。

 英気を養ったせいか、ラッキーな拾いもののようなトレードができた。昨日の日本の休み中の日経先物の動きを受うけて、今日の日本株はどのくらい上がるのだろうかと楽しみに見ていたが、日経先物は高いには高いが、昨日の高値である11005円にはあまり行きそうもない状態でスタートした。なんだか軟調に見える。これはリスク回避かなと思っていると、ドル円は上がってきた。昨日の午前につけた高値である89.66に近づいていく。

 仲値決めを過ぎても、まったく下がる気配もなかった。11時すぎになって政府要人の発言が重なったが、おおむね現状の円安傾向を是認するものだった。これでは流れは変わらないなあ、と感じたが、甘利通産相の「円安に行きすぎると国民生活に支障も出てくる」という短いコメントに為替相場は過敏に反応した。

 そもそもドル円やユーロ円で円ショートのポジションが最大限にたまっていたからでもあると思う。一気に円の買い戻しに動いた。私も朝からの日本株の上伸のなさにどこかでドル円でも売ってみようと考えていたこともあって、意外とすんなりとドル円を売り込んでいけた。

 89.31から売っていったので、決して早いショートメークとは言えない。しかしほとんどアゲインストに会うこともなく、レベルは下がっていった。短期的なサポートと言われるところの節々で止まったが、そこで利食いの買い戻しを我慢するところだ。何といっても今年の最高値レベルを喜んで買っていた直後のことだ。なおいっそうの投げ売りに見舞われてもおかしくはない。

 20分ほどでようやく89円台を割り込んできた。私も深押しはしないと思っているので、やっと利食い態勢に入る。88.91で買い戻してしまったのだが、88.60あたりまで差し込んだようだ。まあ上昇トレンドの中にいたドル円なのだから、戻り出したら急激になるものだと考えた。なぜなら買い遅れている人や買いたくてたまらない人にとっては、トレンドに乗るための絶好の買い場だからだ。

 そこで私も88.88で少しだけロングポジションを作ってみた。ショートで簡単に取れたものだから、ロングでも89.30当たりで簡単に利食うことができるのではないかと思ったが、それは甘かった。89円台に乗せるものの、ぜんぜん伸びない。そこで89.01ですぐに売ってしまって、しばらく値動きの推移を見守ることにした。

 今週は重要な経済指標の発表など、たくさんある。まず今晩だが、アメリカの小売売上高。これはクリスマス商戦の結果がほんとうに良かったのかどうかを見るためにも重要だ。毎年、「今年のクリスマス商戦は好調だ」といっている割には、毎回、実は不調だったということの繰り返しだからだ。米国株がリーマンショック以来の最高値圏に位置しているのも、リスク回避を誘う十分は理由を与える。ユーロ円の120円台やドル円の90円台手前は折り返し地点になるかもしれないからだ。

 明日の対米証券投資も重要度を増している。前回は大幅な流出超だったからなおさらだ。そして足元では円以外の通貨はすべてドル安方向に進んでいる。ドルからの流出が裏付けられれば、いっそうのユーロ高やポンド高を招くかもしれない。またミクロ指標としての米企業決算も多い。明日のJPモルガンやGS、木曜日のBOAやシティ銀はQE3の恩恵受けているはずの金融セクターの収益を見るのに欠かせない。


日本時間 17時10分

 

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月21日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トルコリラスワップポイントランキング トレーディングビュー記事 田向宏行
トルコリラスワップポイントランキング トレーディングビュー記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る