ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

キプロス問題はEUにとってメリットも!?
ユーロのリバウンドを予測する理由とは?

2013年03月29日(金)16:18公開 (2013年03月29日(金)16:18更新)
陳満咲杜

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■ダイセルブルーム氏の発言をきっかけにユーロが暴落

前回の記事で指摘したが、キプロス騒動は筆者の予想どおり早期に収束した模様だ。

【参考記事】
キプロス問題早期収束を予想するワケは? そしてその後、上昇しやすい通貨ペアは?(2013年3月22日、陳満咲杜)

 しかし、ユーロ/米ドルはまた安値更新となり、200日移動平均線(200日線)の下を推移している。

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 やはり、キプロスショックは長引く、ということを相場が暗示しているのだろうか。

 もっとも、3月25日(月)に、ユーロ/米ドルが一時1.3048ドルまで上昇し、順調なリバウンドぶりを示していたが、ユーログループ議長のダイセルブルーム氏(オランダ財務相)が「キプロス支援における銀行リストラ計画、ユーロ圏銀行危機の解決に向けた新たな手本となる」といった趣旨の発言を行い、ユーロの暴落をもたらした

 同日、ユーロ/米ドルは1.2830ドルの安値をつけ、ユーロ/円も123.85円の高値から120円の節目に迫るまで急落した。

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足
 

ユーロ/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/円 4時間足

 目先、キプロス銀行騒動は鎮火しているものの、預金者が負担を強制させられたという前代未聞な措置に対して、EU(欧州連合)圏、特にPIIGS(※)諸国が戦々恐々としていたところへ、ダイセルブルーム氏の発言は出たことになり、マーケット心理は一気に悪化したに違いない。

 明日は我が身と思っている問題諸国の国民から見れば、キプロス問題は決して対岸の火事ではないから、ダイセルブルーム氏の発言でユーロが一転暴落してしまうのも当然な結果だ。

(※編集部注:「PIIGS」とは欧州で財政面に不安があると言われるポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインを指す言葉)

 今回の騒動で、EU圏のリーダーたちの管理手腕の…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る