ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

キプロス問題早期収束を予想するワケは?
そしてその後、上昇しやすい通貨ペアは?

2013年03月22日(金)16:28公開 (2013年03月22日(金)16:28更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■キプロスショックはショックにあらず?

 EU(欧州連合)危機の発生に慣れているせいか、マーケットはEU発のサプライズに動揺しなくなっている模様。今回のキプロスショックはその好例であろう。

 ショックと言われるほど相場が大きく動いていないから、マーケットがEU問題に慣れたか、キプロス問題は言われているほど深刻ではないかのどちらかであることを示唆している。

 まず、ユーロ/米ドルの日足チャートをご覧いただきたい。

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 チャートを見ておわかりいただけるように、ユーロ/米ドルは200日移動平均線(200日線)さえ割り込んでおらず、とてもショックの雰囲気が伝わってこない。

 そもそも、ユーロは2013年2月初頭から調整のトレンドが続いており、キプロス問題が発生する以前からずいぶん落ちてきていたので、ユーロ安の背景すらキプロス問題をもって説明はできないと思う。

 次に、下の米ドル/円のチャートを見ればおわかりいただけるように、あの「2.26事件」と比べ、3月15日(金)のキプロスショックは、やはりショックと呼べるほどのボラティリティはなかった

【参考記事】
米ドル/円急落は為替市場の「2.26事件」!? 90円を割れれば、さらに下落する可能性も(2013年3月1日、陳満咲杜)

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

■キプロスはEU圏のオフショア地

 そもそもキプロスという国は、多くの方がどこにあるかさえ知らないような小さな国だが、FX業界人と海外移住を志す中国人にはよく知られている。

キプロスは、税金の安さでEU圏のオフショア地でもある。当然のように、金融監査の目も緩いから、多くのFX会社がキプロスに本社を置いている。

 その上、海外資金の主力が東欧、特にロシア筋となっているから、「グレー」な国と見られる場合も多い。

 また、キプロスは地中海に浮かぶリゾート地であり、昔、不動産バブルがあったが、はじけてから深刻な衰退に見舞われた。

 そして、同国政府が打ち出したのは、新たな移民政策による投資資金の取り込みである。

 30万ユーロのマンションを買えばパスポートをくれるそうで、東欧や中国では人気が出始めているという。

 30万ユーロでは、北京や上海ではボロ物件しか買えないが、キプロスなら南国風の小ぎれいな庭付き住宅を手に入れられる上、EU全域に行きやすいため、富裕層ではない方にも魅力的だ。

 ちなみに、中国では移民ビジネスの対象はもはや富裕層に限らなくなっているという。

 余談のようだが、要するにキプロスの問題は…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る