ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

利下げ観測が出てきたユーロ、
米企業決算も山場で発表前後は要注意!

2013年04月18日(木)17:02公開 (2013年04月18日(木)17:02更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 昨日のアジア時間ではドル円が98円台に乗せてきた後は、実に腰の強い展開であった。ちょっと下がっても10ポイントも落ちない。そういう状況なので下でビッドして待っていたら買えないという状況が続いた。G20を間近に控えているというのにリスクヘッジの売りも出て来ないように見えた。欧州序盤で多少、ドル円は押し込まれたが、クリアに98円割れとはならなかった。

 それでも欧州株は安かった。アメリカの企業決算でたまに悪いものが並んだので、それを意識しているようだ。グローベックスでの米国株も大いに下げている。ユーロドルが昨日の高値と同じ1.3200をタッチした後、下げ基調になってきたので、私は1.3177で売ってみた。

 ユーロドルのストップ注文は1.3205で置くのは言うまでもない。しかし問題はユーロが前日に大きく急騰してきた後なので、それなりにビッドも強いだろう。それにユーロ売りになる材料に乏しいこともある。このまま株価が下がっていっても、ユーロ中心に値段が下がるかどうか…。

 20時発表のBOAの決算に向かって米国株はなおも安値模索となった。それにツラれてドル円もユーロドルも頭が重くなってきた。つまりリスク回避でクロス円に売り圧力が強まっているのだ。それほどBOAの決算にも期待していないのだろうか。発表前にユーロドルは1.3135あたりまで下がってきたが、ここまで来たら実際の発表まで待ちたい。

 ただし前日のように取り損ねのないようにしたいので、ストップ注文を1.3150に下げて対処する。すぐにでもダンになってしまいそうだが、仕方がない。実際の発表では確かにアナリスト予想を下回っていた。それはすでに価格に織り込み済みだったのだろう。あまり落ちなかった。結局、戻りっぱなを買い戻したので、ストップ注文とほとんど同じレベルとなった。

 しかしその後はユーロの売り材料が並ぶこととなった。ドイツ連銀のバイトマン総裁が「必要ならば利下げもありうる」と言ったことで、ユーロ金利に先安観が出てきて、ユーロは全面安に。ユーロポンドも100ポイントも急落。ユーロ円は2円以上の下げだ。ユーロドルも1.30台の前半まで急落!

 ちょっと悔しいのもあり、私もそのあと何度もユーロショートで入ったりしたがメクリにあったりもして、勝負は五分五分。あまりうまい具合にいかなかった。さらにニューヨーク時間の遅い時間にも、ドイツの格下げの話などが飛び出してくる始末。あまりにもドル円に目が行き過ぎていて、ユーロの扱いがおろそかになっていたような…。

 ドル円も97.20まで落ち込んだのだが、そこからは急反発となった。ニューヨーククローズまでに98円台まで戻しきった。G20を恐れていないのか。ちょっと理解に苦しむところでもある。今日のアジア時間でもドル円は堅調だ。午前中こそ97円台のミドルまで下攻めしたが、午後には反転。昨日の高値である98.43に並びそうな勢いで上がってきた。

 週末にかけての注目材料はやはりG20筋からの要人発言であることは間違いない。しかしどうもドル円が98円台に平気でいるような感じでいるとなると、拍子抜けしてしまう。あまり危機感を感じとっていない値段であるからだ。私としては97円台に下がるようなことがあったら、そこからショートに持っていきたいと思っているのだが。

 今夜の経済指標は失業保険とフィリー指数であるが、これではあまりマーケットは反応しきれないだろう。最近の失業保険の数字はばらつきが多くて、じかに評価するのは危険である。また景況感は最近は悪いものばかり並んでいるので、フィリー指数がマイナスにでもならない限り、リスク回避の方向で動きにくいものと考える。

 本日のアメリカの企業決算は金融、ハイテクと大どころが並ぶので、その前後では構えていたい。ニューヨークオープン前にはモルガン・スタンレー、ニューヨーククローズ後の日本時間の明け方にはグーグル、IBMなどがある。


日本時間 16時40分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る