ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ボラティリティが低下している為替市場、
リスクオン続くか米雇用データに注目

2013年05月09日(木)16:48公開 (2013年05月09日(木)16:48更新)
持田有紀子

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

 だんだんと小動きになってきている為替相場。1、2週間のボラティリティはどの通貨ペアでも如実に下がってきている。まあ、これまでが異常だったと言えなくもないのだが…。それにしてもドル円は98.50から99.50のレンジ相場で継続している。私としてはここで方向感を持つのは危険だと思っているので、予断なく場に臨むことにしている。

 とくにレンジ相場だと仮定しているならば、ますますそれを利用しようと思う。だが相場が軽く動かないので、なかなか想定レンジの端っこまで動くこともなく、ポジションも出来にくい。困ったことだ~。昨日の欧州時間ではドル円は98.90あたりで始まった。下がったら買うつもりなのだが、98.60近辺まで下がるのさえ、なかなか辛そうだ。

 一方でユーロドルはやや強かった。ユーロドルは1.31台に乗せてきている。これは前日の19時発表のドイツの経済指標が良かった際に、強烈なユーロ買いを呼び込んだので、その連想によるものだろう。また19時にドイツの経済指標が予定されているからだ。私もユーロ買いで参戦してみる。ユーロドルを1.3111で買っていったが、19時まで我慢できるかどうか。

 ダメだったらすぐにでもやめたいポジションなので、1.31ちょうど割れでストップ注文だけ置いておく。1.3095だ。しかし目先は重い。もうたくさんユーロロングのポジションが出来あがっているのだろうか。私のロスカットも危ないところまで下がる局面もあった。しかし19時前に、また上がり出した。

 私は1.3130で売ってしまった。そもそも私としては経済指標にあまり興味がない。もしそれでユーロがふっ飛ぶことになったら、そのときにはまた買えばよいだけだ。実際には数字が出てからのユーロドルの上昇は1.3145あたりまでで、その後はニューヨークオープンまでは重い足取りとなった。

 ニューヨーク勢の参入とともに、ようやくドルが下がってきた。ユーロドルが伸びているので残念ではあったが、待ちに待ったドル円の98.60台だ。98.60がつくと急激に反発。やはり誰もがレンジの下限だと認識しているので、戻りは捕まえて買っておきたいのだろう。

 私もかろうじてドル円を98.71で買った。いちおうストップ注文は98.45で置いておくものの、心持ちとしてはさっきの安値である98.60を下回ったらすぐにでもカットしたい。

 私は基本的にニューヨーク市場の午前までしか相場につき合わないことにしているので、できれば早めにドル円が動いてほしいものだ。オーバーナイト注文でもよいのだが、やはりできうる限りは自分の目で見て、自身でポジションの整理をしたい。

 うまい具合に安いところで拾えたが、見ている限りではドル円の戻りも限定的で98.90あたりがせいぜい。仕方なく98.86で利食い売りをして寝た。うう~ん、なんとも小さい利食いだが、マーケットの方が動いていないのだから仕方がないかな。

 今晩はイギリスの金利会合があるが、ポンドの利下げはあまり期待されていない。足元ではイギリス株も歴史的な高値を越えてきているので、経済原理から見ても利下げをする必要性はまったく認められない。

 しかしアメリカの失業保険は注目を集めるだろう。先週末の雇用統計が良かったことにはじまってその余韻が継続しているのが、今のマーケットだからだ。雇用関連のデータに神経質になっているときだけに、その結果に合わせてドル円かユーロ円のロング・ショートの攻め方を決定していくのがよいのではと思っている。


日本時間 16時20分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ 経済指標速報記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る