ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

中国懸念によるリスク回避、
イベント少ないがドル円ショートをキープ

2013年06月26日(水)15:50公開 (2013年06月26日(水)15:50更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日のアジア時間では中国のマネーマーケット、つまり資金を貸し借りする市場の問題がクローズアップされた。この問題自体は以前から存在することなので、別に目新しさはない。

PBOC(中国人民銀行)が短期金利の上昇に目をつぶるのには理由があって、名目金利よりも高く推移している実質金利をカバーしなくてはならない市中銀行の融通力の低下にあった。しかし株価急落など副作用に目をつぶれなくなって、いよいよ何か手段を講じるのではないかとの観測が立ってきた。

 昨日の東京市場の午前中は快調にスタートし、日経先物は13240円まで大きく上昇。リスク許容度の増大でドル円も98円台まで上げた。そうしたなかで中国株が大幅下落を喫したのである。年初来安値であることはいうを待たないが、リーマンショック以来のレベルにまで逆戻りだ。これではリスク回避が急がれる。

 日経先物は高値から500円幅も下落し、ドル円は1円近くも下落した。私も中国株の下落を見ていて、何度もドル円のショートで参戦。15ポイントほどで買い戻しては、また売り場探し。このまま中国株が下げ続けるならば、欧州時間になる頃までには95円台にまで突入するかもしれないと思っていた。

 夕方になってPBOCが市場を鎮静化するべく努力をすると表明したので、株価の下落も底割れは防げた感じとなった。こうなるとリスクテークしたい筋のプレーヤーの活動が盛んになる。グローベックスでの米国株も急上昇に向かい、ナイトセッションでの日経先物も反転・上昇。97円ちょうどを瞬間的に割り込んでいたドル円も、急反発に向かいだした。

 そこで私もドル円を買っていくことにした。アメリカの経済指標の時間まで持っていたくないので、少しずつ、慎重にである。ドル円を97.35あたりから買い始めて、取れれば10ポイントでもよいという感じで、すぐに利食い売り。

 アメリカの経済指標はたくさんでたが、めずらしく出るものすべてが良いものだった。為替相場はドルの全面高となって、ユーロドルは1.30台へ沈んで、ドル円も97円台の後半へ。米国株はすでに上昇していたので、ニューヨーク時間になってからの値動きはむしろ静かだった。

 こうなってくると中国株の動向も気になるマーケット展開がしばらく続くことになろう。先週来の米国の長期金利に加えて、ウオッチすべきものが増えたことになる。昨日の海外市場でのリスクテークを反映して、本日のアジア時間でもリスクテークで始まった。ドル円は朝から邦銀勢が中心となって買われており、早々に98円台に乗せてきた。日本株も昨日の高値レベルまで攻め込んで始まった。

 しかし中国株が始まると、振るわなくなった。それを見るとグローベックスでの米国株も急速に下げはじめ、日経先物も再び12000円台へと沈む。こうなると私もドル円をショートにせねば!98.07あたりから売り始めて、97.76でも売り増している。外部環境の好転が見られるまでは、このポジションをキープするつもりである。

 今晩は大きなイベントもないので、長期金利と株価に左右される比率が大きくなるだろう。ドル円は昨日の安値である96.97を下回れるかどうか。そのときユーロドルは今よりも上がっているのか下がっているのか。それらを小まめに検討していって、さらに攻めるべきかどうかを考えようと思う。


日本時間 15時30分


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る