ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

24グランプリで300万円超稼いだ実力派!
ワカバヤシFX・川合氏のトレード手法とは?

2013年07月22日(月)14:31公開 (2013年07月22日(月)14:31更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 ガチで裁量トレードの腕を競い合う、第3回「リアルトレード 24グランプリ」(インヴァスト証券主催、5月1日~7月31日)が終盤戦を迎えている。

 毎回、人気FXブロガーなど著名人がグランプリサポーターとして参加し、成績を公開しているが、なぜか今イチふるわない人が多い。そんななか、今回のサポーターの中で“プラス300万円超”というすばらしい成績を上げているのが「チームワカバヤシFX」だ。

 「チームワカバヤシFX」はいったいどんなトレードを行っているのか、加えて今後の為替見通しについても聞いてみた(取材日は7月11日)。


 「チームワカバヤシFX」を率いるのは、外国為替情報の提供会社、ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ代表取締役川合美智子さん。金融機関でカスタマーディーラーや外国為替ストラテジストとして活躍していた、まさに為替のプロだ。

Class3で堂々7位、収益率はおよそ60%!

 7月19日(金)時点の成績は、約2カ月間でプラス316万7304円(運用資金547万円、取引数量2954万通貨)、収益率はおよそ60%。多数の参加者がひしめくこの「24グランプリ」で、Class3(取引数量2500万通貨以上)にて堂々ベストテン入りという成績は、お見事としか言いようがない。

「チームワカバヤシFX」の成績(2013年7月19日時点・クリックで拡大)

 まずは、コンテスト参加にあたってのトレード方針から聞いてみよう。

 「前回のコンテストでは、FXが資産運用の手法として十分活用できることを実証するため、年率20~30%を目標に掲げ、達成しました。そこで今回は、もう少しアグレッシブに、アヤを狙ってみたりとか、チャンスがあれば利乗せ(ポジションを上乗せ)して、積極的に利益を追求していく方針で臨んでいます」

 今回のコンテストでの川合さんのトレード戦術は、プライベートで取引している手法とほとんど同じというから興味深い。

戦術はトレンドフォロー! ポイント&フィギュアは手書き

 川合さんの戦術は、相場の波に乗って利幅を追求する「トレンドフォロー」で、トレードスタイルの主なポイントは、次のとおりだ。

【川合さんのトレードスタイルのポイント】
・ 2~3日から1週間程度ポジションを保有するスイングトレード
・ トレンド転換の判断は、日足の形状やトレンドライン、ポイント&フィギュアをメインに利用。月足や週足で中長期トレンドも必ずチェックする
2円幅(200ポイント)以上の波を狙う
損切りも最大で2円幅(200ポイント)くらいを想定
エントリーは、日足の寄付きが基本
・ トレンド判断が正しかった場合は、利乗せして大きな利益を狙う

 注目すべき点は、(1)日・週・月足チャートとポイント&フィギュアを方眼用紙に毎日手書きでつけていること。そして、(2)シドニー時間の値動きを排除し、始値を東京市場の始値に、終値をニューヨーク市場の終値にしていること。

川合さんが方眼用紙に手書きしたチャート。紙が足りなくなると、横に継ぎ足していく。年季の入った手書きチャートは感動もの。

 「ニューヨーク市場が終わると同時にシドニー市場がオープンし、その後、午前9時に東京市場がオープンしますが、東京市場がオープンするまでの間は、極めて取引量が少なくなります。

 この時間帯は値動きが荒くなって一方向へ動く傾向があり、ダマシ的な動きも増えます。ですから、シドニー市場の値動きを省いてしまった方が、より正確なトレンドをつかみやすくなります」というのが、その理由だ。

 もう何十年もつけているという手書きチャートに関しては、「パソコンで見ているだけでは頭に残らない。手書きの方が数字や形がしっかり記憶され、頭に相場のイメージが入り込んでいるため、トレードしたときの逃げ足も速くなります」と効用を語る。

川合さんのオフィスにて撮影。手書きチャートの方が、数字や形がしっかり記憶に残り、トレードの逃げ足も速くなるそう

 確かにパソコンの場合、1つの画面内にチャートを納めるため、分析期間によってローソク足のサイズなどがバラバラになって感覚的にとらえづらい。川合さんのやり方を取り入れるなら、よく取引する通貨ペアから手書きチャートをつけ始めてみると良いだろう。

月足で8回連続陽線は史上初! 2、3年はドル高が続く?

 では、実際のトレードの手順を米ドル/円を例に見ていこう。まずは、月足と週足で中長期のトレンドをつかむ。

月足は、トレンドラインと31カ月移動平均線で、長期の上昇・下落トレンドをキャッチ。月足の実体が31カ月移動平均線より上にある場合は、米ドル高・円安、下にある場合は米ドル安・円高トレンドの傾向が強い、というように判断する。

 以下の図A(米ドル/円の月足チャート)を見ると、ローソク足の実体が31カ月移動平均線を下から上に抜け、陽線が続いている。

図A(米ドル/円の月足チャート・クリックで拡大)

(※上のチャートは川合さんが使っているものとは異なり、シドニー時間を省いていない一般的なもの。チャートについては以下同じ。出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 「変動相場制になって以降、月足で8回連続陽線というのは初めてです。7回連続陽線は、1995年と2001年の2回しかありませんでした。ということで、変動相場制へ移行してから続いてきた米ドル安・円高トレンドは、ここで終わったと考えられます。

 つまり、長期の米ドル高・円安局面に入った状態。31カ月移動平均線を下に抜けない限り、少なくとも2~3年は米ドル上昇基調が続くと予想されます」

米ドル安・円高トレンドは終了。少なくとも2~3年は米ドル高上昇基調が続くと語る川合さん

 「ただし、9カ月目の陰線は下ヒゲの長いタクリ足になっています。93.70円台まで下ヒゲが伸びていますが、これだけ長いと、これを切るのか切らないのかを再び確かめにくる傾向があることに注意が必要です」

目先は円高! 利食いは浅く、深追いはしない方が無難!

週足チャートの場合も、トレンドラインと31週移動平均線を使って同じように分析する。以下の図B(米ドル/円の週足チャート)を見ると、月足と同じように調整が入り始めたところ。

図B(米ドル/円の週足チャート・クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 「週足で見ると、これまでのサポートラインがちょうどレジスタンスになっているのがよくわかります」と川合さんは解説する。7月8日(火)に101.5円付近まで上昇したときも、ちょうどこのラインで跳ね返された。

 そして、川合さんは「95円台を維持できず、週足が94円台に入ってきたら、もう一段の調整が入る可能性があります」と話す。

 つまり、中長期的には米ドル高・円安トレンドにあるものの、目先は円高傾向にあるというわけだ。こうした場合は、目先のトレンドに合わせて米ドル売り・円買いでエントリーするが、中長期的には米ドル高・円安トレンドに変わりはないので、逆張りとなる。

 このような場合は利食いを浅くし、あまり深追いしない方が無難だ。

「川合美智子さんのシドニー逆張りトレードとポイント&フィギュアを使った儲け方とは?」へつづく)

(取材・文/河合起季 撮影/和田佳久)

【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る