ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

川合美智子さんのシドニー逆張りトレードと
ポイント&フィギュアを使った儲け方とは?

2013年07月23日(火)15:38公開 (2013年07月23日(火)15:38更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

「24グランプリで300万円超稼いだ実力派!ワカバヤシFX・川合氏のトレード手法とは?」からつづく)

ポイント&フィギュアでエントリーのタイミングをつかむ

 川合さんがトレンド判断やエントリーに活用している「ポイント&フィギュア」。これは縦軸は価格を表しているが、横軸には時間の概念が入らない不規則時系列チャートだ。

 簡単に説明すると、為替レートが上昇したときには「×」を、下落したときには「○」をマス目に記入し、レートが一定以上動いた場合だけ、印をつける。小さな値動きに、とらわれないようにするためだ。この1つのマス目のことを「1枠」と言い、あらかじめ「1枠」をいくらにするかを決めておく。

 また、それぞれの列は、上昇か下降かの一方のみが表示され、×と○は同じ列には記入しない。×も○も一列に必ず4つ以上記入する。つまり、価格の方向転換には、価格水準に応じた4枠以上の価格変動が必要というわけだ。

 実際に使う場合、ダマシを減らすとともに、ある程度サインを出やすくするため、「1枠をいくらにするか」「何枠で転換するか」ということを考える必要がある。

 川合さんの場合は、次の2パターンを利用している。

【川合さんのポイント&フィギュアの値】
・ 短時間のトレード
1枠10銭(10ポイント)、4枠転換(40ポイント)
・ スイングトレード
1枠50銭(50ポイント)、4枠転換(200ポイント)

 ポイント&フィギュアの一般的な売買サインの見方は、図表のとおり。

「ここだ!」というときは利乗せで果敢に攻める!

 今回の第3回「リアルトレード 24グランプリ」(インヴァスト証券主催、5月1日~7月31日)期間中、川合さんがもっとも大きく稼いだのは、米ドル/円レートが5月22日(水)の高値103.7円台から6月13日(木)の93.7円台になるまでの円高・米ドル安局面だったという。

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 103.7円台から下がる局面で、ポイント&フィギュアの4枠転換(200ポイントリバース)が起こり、101.5円で米ドル売り(103.5円にストップ)。

 続いてトレンドライン(下値支持線)を切ったところで利乗せ(米ドル売りポジションを上乗せ)といったように3段階で売りを仕掛け、大きな利幅を稼いだのだ。

 ここに川合流スイングトレードの重要なポイントがある。

 「ポイント&フィギュアの200ポイントリバースの特徴は、一度リバースすると、同一方向へさらに動く可能性が高くなることです。その方向性に賭けてトレードすれば、結果的に大きな利益を得られる可能性があります。

スイングトレードで勝つためには“損小利大”が不可欠ですが、毎回同じポジション量でこれを実現しようと思っても、なかなかうまくいきません。

 プロが言う損小利大とはそういうことではなく、「ここだ!」という場面ではポジションを増やして大きく儲け、そうでないときは淡々と負けて損失を小さく抑えるということ。相場の醍醐味は“利乗せで稼ぐ”ことにあるのです」

 つまり、エントリーが正しく、利益が乗り始めたら、チャートポイント(トレンドライン)を抜けたところでポジションを段階的に増やして、大きな利益を狙うことがスイングトレードで勝つコツというワケだ。

 ただし、中長期のトレンドに対して逆張りの場合は、利食いは迅速に行うのが基本となる。

 川合さんは米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルを中心に、米ドル/スイスフラン、スイスフラン/円、英ポンド/米ドル、英ポンド/円、豪ドル/米ドル、豪ドル/円など、幅広い通貨ペアを取引しているが、トレード戦術の基本は、どの通貨ペアでも同じだ。

毎朝サクッと稼ぐ「シドニー逆張りトレード」とは?

 次に、川合さんがコンテスト中にも時々実践しているという、「シドニー逆張りトレード」(シドニー市場で空いたギャップで儲ける方法)で毎朝サクッと稼ぐトレード戦術を紹介しよう。

前回の記事で述べたように、シドニー市場は値動きが荒くなり、一方向へ動く傾向があるが、いざ東京市場が始まると徐々に元の水準(ニューヨーク市場の終値)に戻っていくことが多い。

【参考記事】
24グランプリで300万円超稼いだ実力派! ワカバヤシFX・川合氏のトレード手法とは?

 このギャップを狙う、というわけだ。こうした動きは、東京市場の寄付きで一気に進むのではなく、東京市場の取引時間を通じて、徐々に戻っていく感じだ。

 たとえば、図Cのように、7月10日(水)のニューヨーク市場の米ドル/円終値は99.658円だったが、シドニー市場に入ると円高が進み、東京市場の寄付きは99.018円となった。

図C(米ドル/円 15分足・クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 その後、99.624円まで戻している。このとき、東京市場の寄付き(99円近辺)で米ドル買いしておけば、60銭くらいの差益が取れたわけだ。

 「シドニー市場では98円台前半まで下がっているので、ここで買えば、1.円50銭くらい差益が取れたことになりますが、これだけ大きく乖離すると戻らないこともあります」

 「ですから、東京市場の寄付きでエントリーするのが基本と考えてください。また、トレンドに対して順張りか逆張りかも重要です。前述した例は直近のトレンドに対して逆張りですから、利食いも浅くすべきところでした」

 このようにシドニー逆張りトレードのしくみは、いたってシンプル。明日から、誰でも試すことができそうだ。

中長期的には円安トレンドだが、当面は円高に

 最後に、主要通貨ペアの2013年の年内為替見通しと要点を川合さんに聞いた。その内容は、次のとおり。


【米ドル/円】
予想レンジ:1ドル=95-105円。94円を切れたら、88-102円に。

米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 もしも94円を切れた場合も中長期的な米ドル高・円安トレンドは変わらない。

 これからは、市場の注目材料が欧州や日本から、米国の金融政策などに移り、短期的には米ドル中心の相場になる。今までは円売りだったが、今後は米ドルが高くなるのか、安くなるのかという関係の中で、円高・円安に動く。

 つまり、米ドルが買われる材料が出たら円安に、米ドルが売られる材料が出たら円高になるというわけだ。

【ユーロ/円】
予想レンジ:1ユーロ=118-131円。

ユーロ/円 週足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 週足で見ると、三角保ち合い状態。あと3週間ほどでどちらかに抜けるだろうが、下に抜ける可能性が高い。127円を切れてきたら要注意。4月に入ってからの120円からの上げが早かったので、下値を再度試しにいくと考えられる。逆に132円を超えれば一段の上昇へ。

【ユーロ/米ドル】
予想レンジ:1ユーロ=1.20-1.33ドル。

ユーロ/米ドル 月足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 月足チャートで見ると、現在レートは31カ月移動平均線(7月22日現在、1.3369ドル)の下に位置している。当面、対米ドルでユーロ安に進む可能性が高い。

【豪ドル/円】
予想レンジ:1豪ドル=88-96円。85円台に入った場合は85-97円。

豪ドル/円 月足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 目先の下げが88円台で終わったのかどうかはわからない。為替レートの水準がリーマン・ショック前まで戻っているのは、カナダドル、NZドルのほかに、先進国の中では豪ドルだけだが、これを超えて上がるパワーはないだろう。

 月足を見ると、二番天井を形成しているようにも見え、下げのリスクのほうが大きい。現在レートは31カ月移動平均線(7月22日現在、85.51円)の上に位置しているが、これに向けて下げる可能性が高い。

年末近くにもう一度85~86円にトライする動きがあると予想。政策金利を下げる可能性も高く、現行の2.75%から1~2%下がる余地がある。

【参考コンテンツ】
経済指標/金利:各国政策金利の推移

【英ポンド/円】
予想レンジ:1ポンド=132-152円。

英ポンド/円 週足(クリックで拡大)

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 現在レートは、31週移動平均線(7月22日現在、148.01円)の上に位置しているが、147円を切れてくると、31週移動平均線を下に抜けるため、下がる可能性が高くなる。2012年12月に132円近辺から棒上げになっているため、このあたりまで戻すだろう。


(取材・文/河合起季 撮影/和田佳久)

【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る