ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

誰もが結果を出せるロンドンコーリング手法を
マネーパートナーズでやってみた【基礎編】

2013年07月27日(土)10:00公開 (2013年07月27日(土)10:00更新)
ザイFX!編集部

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 みなさん、こんにちは。FXトレーダーのボリ平です。

 今回から2回連続でマネーパートナーズ[パートナーズFX]および[パートナーズFX nano]の取引ツール、「HyperSpeed NEXT」を使った「ロンドンコーリング手法」の解説をしたいと思います。

【作成日時:2013年7月10日→最終確認・更新日:2013年7月26日】

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]のスペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください
>>>
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]のスペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

シンプルでローリスク、読者から問い合わせが多い手法…

 2012年12月に、ダイヤモンド社より出版された私のFX本、『バツイチ&3人の息子を抱えるシングルマザーが編み出した 給料分を稼ぐ超シンプルFX』(ダイヤモンド社・1680円)の中にも登場する「ロンドンコーリング手法」をご存知でしょうか?

 この手法は、やり方さえ覚えてしまえば、誰でも簡単にできるトレード法です。

 リミット(利益)、ストップ(損失)も限定されていますので、リスク管理が容易、初心者トレーダーの方でも安心です。

 そんなロンドンコーリング手法について、FX初心者の方や、これからFXを始めようと思っている方からたくさんの質問や感想が寄せられています。

 なぜ初心者トレーダーに人気が高いかというと、この手法は毎日決まった時刻、21時(夏時間は20時)にルールどおり注文を入れたら、あとは“ほったらかし”でOK。テクニカル分析ツールも一切不要だからです(詳しくは著書をご覧ください)。

ロンドンコーリング手法はどのFX会社がいいの?

 この手法は非常にシンプルなので、基本的にはどのFX会社を使ってもOK。

 しかし、毎日数pipsをコツコツ積み上げる短期取引なので微妙な取引環境の違いによって勝敗を分けることもあります。

 だからこそ、本当に結果を出したいのなら、真剣に自分に合ったFX会社を選んだほうがいいでしょう。

【ロンドンコーリング手法ができるFX会社の条件】

(1)IF-DONE OCO(イフダン・オーシーオー:IFO注文とも言います)注文がある
…この注文方法がないFX会社では、ロンドンコーリング手法はできません。

(2)両建てOK
…売りと買いの2つのIFO注文を入れるので「両建てNG」では取引できません。

(3)スプレッドが狭い
…ロンドンコーリング手法はわずか10~15pipsの利益を狙う手法です。スプレッドが広いとその分「損」をしてしまいます。

(4)取引手数料無料

 以上が必須の条件です。これらの条件を満たしている上、さらに約定力が高く、取引ツールも使いやすいFX会社として、私のおすすめは“約定力4年連続NO.1”(※)のマネーパートナーズ(略称:マネパ)です。

(※矢野経済研究所調べ)

マネパには2つのFX口座。100通貨取引ができる口座も

マネーパートナーズには、次の2つのFX口座があります。

1.高機能PC取引ツール搭載、1万通貨からの[パートナーズFX]
2.わずか100通貨単位の取引が可能な[パートナーズFX nano]

[パートナーズFX]は約定力4年連続NO.1マネパのスタンダード口座です。私はこちらを利用していますが、初心者の方のFXスタートにおすすめなのが[パートナーズFX nano]です。

[パートナーズFX nano]は、100通貨単位、100円から取引を始めることができます。

 100通貨と言えど、正真正銘のリアルトレードです。さらにロットを増やしたい方は1回10万通貨単位まで発注可能です。

 テクニカル分析ツールも豊富。私は一目均衡表を表示させています。

[パートナーズFX nano]のクイック発注ボード(クリックで拡大)

 そして、驚きのスプレッド!!

 現在、[パートナーズFX nano]のスプレッドは米ドル/円0.3銭~ユーロ/円0.7銭~で提示されています!(2013年7月23日現在)

 この低スプレッド環境なら、なかなかデモトレードから脱却できない方も、リスク最小限でFXをスタートさせることができますね。

[パートナーズFX]では5種類の取引ツールが使える

マネーパートナーズのスタンダード口座、[パートナーズFX]には、次の5種類の取引ツールがあります。

(1)インストール不要のブラウザベース
(2)高機能アプリHyperSpeed
(3)HyperSpeedを進化させたHyperSpeed NEXT
(4)クイック発注ボード
(5)モバイル取引サイト、スマホ取引アプリ

 同じ[パートナーズFX]ならどこから発注しても良く、どのツールからでも取引内容を確認することができます。

 私のロンドンコーリング手法は「HyperSpeed NEXT」でエントリーして注文照会・約定照会・取引結果などはスマートフォンアプリ「HyperSpeed Touch」で確認しています。これは次回、実践画面を載せますのでお楽しみに~。

ストラテジ構築機能などが搭載されたHyperSpeed NEXT

マネーパートナーズHyperSpeed NEXTは従来のHyperSpeedに磨きをかけ、さらに進化した機能を搭載しています。 

 これはなかなかの高機能。やりたいことが全部やれる! そんなHyperSpeed NEXTです。主な特徴としては、

(1)ストラテジ(取引戦略)構築機能
(2)バックテストが可能
(3)売買シグナルをチャート上に表示

 などがあります。詳しくはマネーパートナーズのウェブサイトをご覧ください。

 さて次回は、実際にマネーパートナーズHyperSpeed NEXTを使ったロンドンコーリング手法の実践編を紹介したいと思います。

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]のスペック詳細はこちら
>>>
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]のスペック詳細はこちら

「誰もが結果を出せるロンドンコーリング手法をマネーパートナーズでやってみた【実践編】」へつづく)

【2023年1月10日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18~1.40銭 0.48~1.00銭 0.38~2.80pips 34ペア
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~1.6銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※スプレッドは取引量によって変化。ユーロ/米ドルは2023年1月31日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18~1.4銭 0.48~1.00銭 0.38~2.80pips 34ペア 1通貨
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 23ペア 1000通貨
※ユーロ/円は2023年1月31日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 51ペア 1000通貨
※米ドル/円・ユーロ/円は、日本時間午前10時~翌午前4時のスプレッド
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 38ペア 1000通貨
※米ドル/円・ユーロ/円は日本時間午前10時~翌午前4時、ユーロ/米ドルは日本時間午前9時~翌午前3時のスプレッド
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年2月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る