ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円薄商いのなか前日の高値は更新、
でも材料少なく動意に欠けるかも

2013年08月14日(水)16:22公開 (2013年08月14日(水)16:22更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日のアジア時間でもドル円は上昇。月曜日のGDP発表のときと同じで、朝に買ってしまわないと、あとはひたすら高値追いの状況となった。その間、日本株も高かったので、マーケットのリスク許容度は増しているのも事実。月曜日の朝には95円台に突っ込んだドル円も、97円台のミドルまで戻って欧州時間入りとなった。

 欧州株は日本株の高いのにツラれる形で、ラリー傾向を強めた。それで私もドル円かユーロ円を買ってみようと思った。ユーロドルは下げ足が鈍いので、おなじロングにするならば、久しぶりのユーロ円でも買ってみようかな。すでに129円台の後半であったが、買ってみて130円ちょうどの大台で引っかかるようならば、あきらめて投げる。予定もたったところで、129.82で買っていった。

 ユーロ円は129円台の前半からジリジリと上がってきているので、ちょうどよいストップロスの置きどころがないのだが、何も置かないわけにはいかないから自分のコストから逆算してプレースするしかない。25ポイントまでは耐えよう。そういうつもりでストップ注文は129.55にした。

 18時発表のドイツの景況感は良かった。ユーロもぴょんと跳ねた。ユーロドルが1.33台まで戻すのに歩調を合わせてユーロ円も130円台へ。ユーロ円はそのまま130.40アラウンドまで上がって止まってしまった。ドル円が98円台に乗せてきたので何とか値を保っていられるが、ユーロドルのほうはすぐに下落基調となった。

 為替相場としては全体的にドル高に向かい出したのである。ユーロドルが重いので、なかなかユーロクロスのロングは持ち心地が悪くなってきた。私は売りのストップ注文のレベルをとりあえず130.20まで上げて、しばらく様子を見ることにした。

 そしてユーロ円も私のストップアウトのレベルに近いところまで押し込まれて、アメリカの指標の時間となった。私はユーロ円の値動きのほうに注視していたので、内容を見ていなかった。しかし発表の直後にストップ注文はダンになった。これでいちおうの利食いにはなったのだという安心感もあった。

 しかしその反面、ユーロ円は130円台を割りこんではいない。ドル円も高いままなので、ロスカットは誤りだったかなとも不安にもなった。場合によってはここは絶好の買い場だったということになるのかもしれない。

 そういうわけで、もう一度、ユーロ円の買いスタンスで臨んでみる。しかし米国株はスタート直後から大きく下げに転じ、それによってドル円もユーロ円もやや値を崩してきた。ちょっと自分の思っていたのとは違うニューヨーク相場の出だしだ。私は翌朝早い用事があるので、何もせずに寝ることにした。

 アジア時間ではドル円の98円台の前半が重そうな展開が続いた。私も98.18で売ってみて、ショートで踏ん張っている。損切りは昨日の高値である98.34を越えた98.35でよいだろうとみているので、時間がかかっても何とか97円台まで粘りたいところ。そう思っているとドル円は97円台に入ってきた。ランチタイムでの日本株の値下がりを嫌気したものだろうか。

 しかし13時半すぎに株価がいきなり上がり始めたので、ドル円ショートでは不利になった。なんとか98.07で買戻しができたが、その後は昨日の高値も超えてくるほど、リスクテークが強まった。今晩はアメリカのPPIくらいしか指標がないので、やはり米国株の動向が相場の流れを主導するだろう。個人的には米国株もここからあまり動かないものと思っているのだが。

日本時間 16時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る