ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円クロス円飛んでスタートの週明け、
やはり注目は米議会のゆくえ

2013年09月30日(月)18:49公開 (2013年09月30日(月)18:49更新)
持田有紀子

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 木曜日に米国株が6日続落を免れた。それで金曜日は底打ち安心感からリスクテークが強まるものと思われた。日本株も最初は高く始まった。日経先物は14800円台で始まり、高値は14880円までつけた。これはオリンピック決定以降の高値に並ぶ水準である。しかし為替相場では思ったほども円安が進まず、99円ちょうども重く感じられた。

  少しずつポジション調整からの円の買い戻しもはいって、ドル円は98円台に定着の感がでてきた。またクロス円も軟調な地合い。ユーロ円は133円台のミドルに戻るのがやっとで、132円台に突っ込む局面すらあった。

 そして海外市場にシフトしたわけだが、市場の関心はやはりアメリカの財政問題だった。先日、下院で通過した暫定予算は、オバマケアのカットを含んでいるので、民主党が多数を占める上院では通らない。そこで上院の対応がどう出るかに注目が集まった。上院の院内総務は金曜日のうちに結論を出すと言っていたので、何らかの妥協が図られるのではないかとの期待もあった。ユーロドルが強い動きをしていることもあり、ユーロ円は再び133円台の中盤へ。

 しかしニューヨーク勢の参入で、ますますドル売りの勢いが強まった。ドル円は98.50を下回ってくるし、ユーロドルは1.35台にまで上昇。このユーロドルのレベルは9月高値である1.3569に急接近といたところ。グローベックスでの米国株もリスク回避が強まり、前日に上げた分はすべて吐き出した。それだけ米議会での審議に不信感が出てきたからでもあろう。

 私は昼間のユーロ円の高値を意識していたので、133.60で買い戻せばいいやと思っていたのだが、133.45でショートにすることができた。それでも連日の押し目が132円台の後半なので、やはりそのあたりでは利食いをすることになるだろう。そんなに深い押しを期待していない。

 米国株が下げて始まるのを確認したからなのか、ユーロ円は急激に売りに見舞われた。私としては自身、演技のいい133.08でビッドをして待っている。するとドル円の下げもきつかったせいもあって、ユーロ円を利食うことができた。

 注目の上院では、オバマケアのカットを除いた形で予算案が可決。これでは逆に下院が飲めない。財政審議ン行方が不透明さを増したということで、ドル安・株安の流れが強まってニューヨーククローズを迎えた。ユーロ円は132.60あたりまで差し込んで、そのまま132円台で終わっている。

 そして週明けは大きくリスク回避でスタートした。それだけ米議会の行方に不透明感が増したということの現れだろう。ドル円は97円台で始まり、ユーロ円は131円台に突っ込んだ。午前中の日本株は安い推移をしながらも値幅がなかったので、私としても為替相場で手を出そうとは思わなかった。

 ランチタイム以降に日本株が値上がりの傾向を見せたので、ユーロ円も132円台を回復。私はにわかショートカバーの域を出ないだろうと思って、132.28で売り込んでみた。その直前の戻し高値が132.38だったので、ロスカットは132.40のつもり。

 さて今晩の注目はやはり米議会の行方であろう。下院は新たな予算案を可決したが、それでは今度は上院が飲めない内容となっている。かなり政治的な様相を強めてきたアメリカの財政問題。今晩も要人発言に、とくに有力議員からの発言が待たれる。


日本時間 18時30分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
経済指標速報記事 メキシコペソ比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る