ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

安堵感ひろがりドル円は再び104円台へ、
楽観ムード継続か今晩のイベント注目

2014年01月15日(水)15:14公開 (2014年01月15日(水)15:14更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日はアジア時間でリスクテークが進んだ。日本株は大幅の下落だといているが、これは間に休日をはさんだためで、先週金曜日の東京クローズと比較してのこと。すでに月曜日には日経先物は15500円も割り込んできており、それから見ると連休明けに昨日のアジア時間では株価はむしろ堅調だったといえる。

 そしてドル円も朝方の102円台から急反発し、103円台の中盤へ。103.55から103.60までの間は、月曜日に急落したときの戻りの急所でもあったので、なかなか越えにくいレベルであると推定された。私も103.45-50ゾーンは売っていくべきだと思っていたので、103.49で売ってみた。ストップ注文は103.60で置いておくだけ。

 しかしランチタイムから夕方に至るまで、ドル円は高値張り付き。自分のポジショニングも完全な逆張りなので、最初からつらいものだとは認識している。それでもテクニカルポイント的にも効いているか、なかなか損切りもつかない。13時過ぎからようやく下がり始め、103.33で買い戻した。私としてももうちょっと持っていたかったのだが、日本株があまり下がらないからで頑張るのは止めにした。

 そして欧州序盤ではもう一度、ドル円は高値攻め。やはり同じようなところで止められた。だからというわけでもないが、今度も103.50で売りこんでみたが、今回はストップアウトさせられた。103.60を越えてくると事情が違う。ちょっと値動きを観察しなくてはいけない。

 アメリカの金融機関の決算発表が少しだけアナリスト予想を上回ったということで、ややドル買いになったが、ほんの数ポイントだけ。そして市場が心配していたアメリカの小売売上高だったが、結果は予想を上回るものだった。それでもグローベックスでの米国株や為替相場にはダイナミックな影響は見られなかった。あまり動かないのだろうと思い、私は早々に寝ることにした。

 しかし朝に前日のニューヨーク市場を確認してみると、米国株が急反発している。指標でも動かなかったのに、よくもまあこれだけ上がったものだ。ドル円も104円台に乗せている。ユーロドルやポンドドルはあまり動いていないので、円の独歩安ということなのだろう。まあミクロもマクロもデータが良かったので、マーケットにいちおうの安心感が醸しだされたというところなのだろう。

 今晩はPPIとエンパイア指数、そしてベージュブックが予定されている。昨日も要人発言で緩和縮小のことが取りざたされたが、それに敏感になっている時期でもあるので、今晩のイベントは比較的に重要となる。後はマーケットのリスク許容度である。

 昨日、上がった米国株は連騰できるのか。またリスクテークで持ち直した原油相場だったが、これがまた在庫報告などで下げに転じるようなことにならないのか。とにかくダウンサイドの方向のリスクには注意したいところ。


日本時間 15時00分
 

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る