ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

再び103円台へ反落のドル円、
米国はお休みで小動きが続きそう

2014年01月20日(月)16:16公開 (2014年01月20日(月)16:16更新)
持田有紀子

マーケットスピードIIとiSPEEDが使える!楽天CFDをザイFX!編集部が徹底調査!

 ドル円は木曜日のレンジが104.15から104.91までだった。これはテクニカル的にも妥当なところだったろう。104.15というのは今年レンジのちょうど半値である。また105円台というのは去年の末から散々トライした後だっただけに、大量のロングのシコリの存在がうかがわれる。それで105円ちょうどの手前である104円台の後半というのは、攻めたところで大量の売りものを導き出すのではないかと思われるレベルでもあった。

 そして104円台の前半まで押し込まれて始まった金曜日だったが、そのまま木曜日のレンジがはみ出さずに継続するのではないかと思われた。つまりドル円は104.20から104.80あたりまでのレンジ相場が続くのではないかと思われたのだ。私もその見通しにしたがってレンジ取引に励む予定を立てた。104.30以下ではロングにし、104.10でストップアウトする。また反対に上がった際には104.70アッパーでショートにし、104.95でストップアウトできるように構える。

 欧州序盤ではドル円は104.35あたりで始まった。自分の買いゾーンに近づいているのだが、逆張りなので切ることならば引きつけて買いたい。それでもドル円は差し込むことはなかった。というよりも動かなかった。むしろ円以外のものに動きが見られた。イギリスの小売のデータがたいへん良かったこともあり、ポンドが急上昇。ポンド買いがストップロスも巻き込んだものか、ユーロポンドが急落。ユーロドルがまったく上がらないので、その分、ユーロポンドの大幅な下落を演じることとなった。

 アメリカのミクロ指標ではUPSやGEなどの企業決算がやや予想を下回り、マーケットはリスク回避気味に。それでもグローベックスでの米国株の動きは小さいものだったので、それほども市場全体に影響は与えていない。それでもユーロポンドの下げがきついせいか、ユーロドルは戻しをあまり作らずにひたすら下げている。動かないのはドル円だけということになってしまった。

 ドル円はニューヨーククローズにいたるまでも小動きが続き、一日を通じても20ポイントほどの、実に狭いレンジにとどまった。私もドル円を何度か、買ってもみたが、まったく動かないのでやめるしかなかった。ドル円がこんなに動かない日は珍しい。ユーロポンドが100ポイントくらいも下がっているのに比べると、実につまらないものに手を出したことになる(涙)。

 さて今日は朝からドル円の売りが先行。103円台に突入してきた。日本株も調整を余儀なくされており、それでリスクオフとなっている。ドル円が今年の半値よりも下サイドでのプレイになっているので、ここは戻り売りで臨むべきステージを迎えていることになる。ドル円は104円台まで戻せば売り、売れれば103円台の中盤で利食いたいところである。後は下げ基調の続いているユーロドルが、まだ下げるのか。これをウオッチしておかねばならない。

 今晩はアメリカが休みである。当然、マーケットでの動きは欧州時間のランチタイムまでとなるだろう。夜は材料もないので、値動きに変化が見られなければ、無理して参戦する必要もないと思う。


日本時間 16時00分

 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.38pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2023年10月2日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!口座開設キャンペーンも実施中!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 田向宏行
経済指標速報記事 jfx記事 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る