ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円102円台ワンタッチ、
週後半までは小動きに終始か

2014年07月29日(火)18:12公開 (2014年07月29日(火)18:12更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は101円台の後半。ドル円としては、ここ最近のうちでももっとも高いゾーンである。特にたくさんオファーがあるわけではないかが、そもそもあまり動かないものだと思われているので、101.90アッパーには売りものが並んでいるようにも見える。

 しかし実際のところはそれほども並んでいないようだ。一方でユーロドルは1.3435あたり。前日につけた安値である1.3420アラウンドへの下攻めが完全に視野に入っている。つまりドル高を意識した為替相場になることでは変わりがなさそうであった。

 なにも材料がないので、当面はテクニカルに従って取引するしかなさそうだ。ドル円は101.95が直近の戻し高値として意識されているので、101.90アッパーは売りである。そこで私も101.90で売ってみた。

 そもそも動かないだろうと思っているので、急激に反転して下がるなどとは考えていない。それでも101.96で買い戻しのストップ注文だけを置いておいて、ニューヨーク勢の参入を待つ。ちなみに欧米の株価はどちらかというと腰の強い展開でここまで来ている。

 材料が少ない日であったから相対的に重視されたのか、23時発表の住宅予約が出たときには、瞬間的に大きくマーケットは反応した。確かに結果は予想を大きく裏切るくらいに悪いものであったが、 株価の下げがきつすぎた。そんなに反応しなくてもいいだろうに、と思われるくらいだった。それもあってか為替相場もドル安で推移。ドル円も10ポイントほども下がった。今日もこんなもんかと思って、そこで利食いで買い戻した。

 その後のニューヨーク時間では為替相場はほとんど動かなかった。ドル円もユーロドルも10ポイントくらいしか動いていない。経済指標で大きく落ち込んだ米国株も、ニューヨーククローズまでには完全に切り返し、小幅高にまで戻しきっている。

 これだけ小動きになるのも仕方のないことで、今晩からはFOMCが始まる。そして明日はGDPの速報値も控えているし、週末には雇用統計もある。ここで無理して動く必要はないだろうということのようだ。

 今晩も同じように動かないだろう。ドル円は欧州序盤に102円台に乗せたが、やはりそれほど上値は伸びなかった。102円台乗せのドル円は逆張ってショートにしてみても面白いかもしれないと思い、5ポイントで損切るつもりで101.97でショートに振って行った。で短期的なポジションに留めておくつもりだったので、反転してきたところで閉じた。なにしろ水曜日の以降はイベントが山積しているので、深い追いはできない。

日本時間 18時00分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る