ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

スイス中銀の決定でユーロ下割れ!
ユーロとリスクのゆくえを注視

2015年01月16日(金)17:04公開 (2015年01月16日(金)17:04更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 昨日の欧州序盤では、ドル円は117円台の後半。アジア時間では118円台乗せこそできなかったものの、それでも高値追いの勢いが続いており、海外市場では簡単に上がってしまうものかとも思われた。買っていた主体は日本人がメイン。日本株もナイトセッションで上昇してきており、リスクテークには理由は事欠かない。私もドル円の買い態勢で臨んだのであった。とくに118円ちょうどテイクンでだ。

 しかし18時半過ぎにユーロドルが急落。昨年来の安値であった1.17台を通り越して、画面で調べると1.15台までつけている。いつそんなレートがついたのかとも思える速さだった。しかし目の前にあるレートは1.16台。やはり何か起きたのだ。単なるフレッシュローのためによるストップロスだけではなさそうだ。

 ニュースを調べると、スイス中銀がユーロスイスの介入をやめるのだという。避難通貨としてのスイスフランの歯止めが取れたのだ。無制限にスイスフランを供給するといっているのと同じことだったのだから、それを止めるというのは事実上のタイトニングと同じことだ。

 マーケットではユーロ売り圧力が増大。これはやむをえないことだ。ユーロの完全な水準訂正を迫られる突発事項だ。私も細かく何度かユーロドルをショートにしては買い戻す。反発するにしても、引っかかりどころというものがある。戻し局面でもレートの動きが止まったところで売ってみる。アゲインストに持っていかれれば、即座にカットだ。このようなパニックに陥った状況の中では、何が出てくるかわからないからだ。

 ユーロ関連に集中していたが、ドル円も急落。116円台の前半まで押されて、今年の安値である116.07をアタック。118円台が見えかけていたのに、よくもここまで押すものだ。ユーロの全面安が進んでいるので、ドル円もカバーベースで下げてしまったのだ。ユーロドルは1.17台まで戻したりもしたが、今度はドル円の戻りが鈍くなった。117円台まで戻してきても、そこは完全に売りこまれてしまう。

 しかしユーロドルはニューヨーク時間で再び安値攻め。欧州時間につけた安値である1.1578をも下回ってくる局面があった。そして安値は1.1568まで記録。ニューヨーククローズに至るまでには1.16台まで回復して終了したが、それでも大きく安くなって一日を終えることになったのは現実である。

 1.16台まで来たらもっと揉んで時間がかかるかと思っていたのだが、こんな市場の混乱で一気に1.15台まで差し込むというのは想像を超えていた。1.1640あたりが2005年の安値である。つまり10年ぶりのユーロドルの安値なのだ。その間にリーマンショックがあっても欧州不安があっても下割れしなかったレベルなのだ。ユーロは新世界に突入したのだと考えて、今後は対処するべきであろう。

 今晩も経済イベントなどは軽視されて、ユーロの動向や株価動向がマーケットを主導するだろう。今日のアジア時間で底値を脱したようにも見えるが、しょせんは細腕の日本人の買いによるもの。これから訪れる海外市場での状況を注視したい。


日本時間 16時30分

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

ヒロセ通商[LION FX]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る