ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円100円台の下攻めが続く、
全く利上げ期待なくなった雇用統計

2016年07月08日(金)15:27公開 (2016年07月08日(金)15:27更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤ではドル円が101円台に乗せてきた。上がってきたといっても、101円台である。つい1、2週間まではとても安いと嘆いていたレベルである。ちょっと前までは105円を割り込んだら介入かとも騒いでいたのに、実際にここまで来てみると何の心配もない。

 アメリカに釘を刺されているのもあるだろうし、そもそも他の国々はイギリスの国民投票によって起こったドル高で悩んでいるのだ。フィリピンや台湾、韓国などは開票日の24日に大いにドル売り介入をやったものだ。ドル売りで必死な情勢のなか、ドル買い介入で理解を求めるというのも困難なのだろう。

 そういったわけで、今となっては101円台は高く見える。私も戻り売りの水準を101円台に置いている。もちろん102円台や103円台で売りたいには売りたいのだが、そこまでもドルには別の要素が必要だ。目下の状況ではフレッシュな材料は出てこなさそうだ。しかるに戻りはしっかりと売りこんでいく。「昨日の安値は今日の高値」であることを言い聞かせて、戻り売りに励むのだ。

 ポンドもだいぶ買い戻されてきたのだが、ポンドドルは1.30台にちょこんと乗せたりするのがせいぜいで、なかなか定着しない。すぐにFXオプションからと思われるヘッジ売りが出てきたりして前進を阻む。ポンドの上がらなさを確認したら、次はドル円やユーロ円の売りとなる。

 最近はもうこの繰り返しである。ニューヨーク時間になると、そうした円高が目立ってきた。別に欧州株や米国株が大きく沈みこんでいるわけではないので、リスクオフになっているわけでもない。私も101円台でスモールだけショートにして、下がるのを期待する。

 欧州委員会がスペインとポルトガルに対して財政規律を守るように勧告した。罰金も科すという。これがやや欧州不安を煽ったこともあり、ユーロもポンドも下げ足を速めた。ドル円も反転して下落に向かった。私は日付の変わる前に寝てしまいたかったので、100.82で買い戻して寝ることにした。

 さて今晩はアメリカの雇用統計。しかしドル金利の先物価格を見る限り、イギリスのEU離脱が決まって以降は、来年の6月までは利上げなしを織り込んでいる。いうまでもなく年内12月利上げは吹っ飛んでしまっている。この環境の中で雇用統計が良くても、反応しきれないというのが実情だろう。

 いまさら利上げ期待が再開するわけでもなし、それを理由にドルを買い進んでいくわけにもいくまい。そういうわけで今回の雇用統計ではマーケットの関心度がやや薄らいでいるように思われる。


日本時間 15時20分
 

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る