ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

トランプ動向が最注目だが、
米企業決算スタートで円相場に要注意!

2017年01月13日(金)16:08公開 (2017年01月13日(金)16:08更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はトランプ氏の会見で盛り上がったが、一日経ってみると、マーケットはそれほども反応を示していない。失望ならば失望でドル円だったら110円割れとかあっても不思議ではないところなのに、たかだか押し込んでも113円台の後半までだった。日経先物もナイトセッションでにわかに19000円の大台を割れる程度。

 選挙前のレベルであるところまで全戻ししてもおかしくはない状況なのに、いまだにトランプラリーに期待していることがうかがえる。実際に米国株などは多少の調整をしたところで、依然としてハイレベルにステイしていることは確かだ。今日にでも再び歴史的な最高値を更新してもおかしくはないほどの高値圏に位置しているのである。

 欧州時間に113円台に突っ込んだドル円だったが、上がってくるときに113.60アラウンドで引っかかったのと同じように、安値攻めも113.70あたりまでだった。私もたまたま113.60をベンツエン・シーリングとして意識していたので、相場が下がっていて怖いものがあったが、113円台では何度か買ってみた。

 しかし自分自身もドル円がベアに感じており、しかも目の前のプライスアクションも明らかに下げ傾向。ドルをロングにしたところで、ちょっとでもフェイバーになったら、すぐに利食い売りに出してしまう。それの繰り返しではあったが、やはりニューヨーク勢が参入するなり、フレッシュなプレーヤでも入ってこない限り、相場の流れは変わらないものと見えた。

 逆にいうとニューヨークオープンくらいの時間帯が唯一の転換のチャンスでもある。ここで流れが変わらないと、そのまま需給的にもズルズルと行ってしまうだろう。とくに113.50を割り込んで来たら、もう一段の投げ売りストップも誘発しそうだ。

 経済指標は失業保険くらいしかなかった。ドル円は相変わらず114円ちょうどを挟んで一進一退。このまま終わってしまうならば、当面は113円台で買い、そして114円台に乗せたら売りのボックス圏に入ってしまうのかとも思われた。ニューヨーク時間の午後からはユーロドルも含めてドルのショートカバーが強まった。そしてドルはストロングのまま、ニューヨーククローズを迎えた。

 今晩から米企業決算が本格化する。まずは大手金融部門からである。JPモルガンやウェルズファーゴなどが注目される。しかし雇用統計ですらかすんでしまうくらい、トランプ氏の動向のほうが市場に影響を与えることが予想されるので、ミクロ指標にはあまり目が向いていないのが現実だ。

ただ選挙後に1割以上も上がってきた株価の正当化を確かめるためにも、企業利益を確認する必要がある。利益がPERに見合うほど出ているのかどうか。まだまだ期待ベースでしかないのを見るだけかもしれないのである。気をつけたいのはリスク回避の動きである。

日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る