ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

為替相場も動かずの展開つづく、
リスクのゆくえキープウォッチ

2017年03月08日(水)16:11公開 (2017年03月08日(水)16:11更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は1日を通じても為替相場はほとんど動かなかった。ドル円は40ポイントくらいしか値幅がない。為替に限らず、株も原油も、どんどんと値動きが鈍くなってきている。

 先週のトランプ大統領の議会演説で、ある程度の大きな材料は出尽くしたという見方もある。ドル円は海外市場でもあまり動かず、ドル円もユーロドルもいつ見ても同じ値段という状態のままだった。

 マーケットは次の材料待ちなのであるが、大きなイベントは来週に集まっている、アメリカの金利会合やオランダの選挙である。本来であれば不透明要因が控えているということで、市場はリスク回避に傾くはずだ。それがのんきにリスクフルの状態で今に至っている。

 米国株もさんざんと歴史的な最高値を更新してきて、まだ上昇余地もありそうにも思えるが、すでに平均ベースでPERは18倍をゆうに超えてきている。平均で、ということは25倍とか30倍もありうるということだ。すなわち買われ過ぎだということがわかっていて、現状の相場を受け入れているというのは実情である。

  そのようなリスクを過度に取りすぎている様態を見せつけられていることもあって、市場参加者は型検警戒感を持って毎日の相場に臨んでいる。そこでマーケットが大きく動くことを期待しているのは、明らかにトランプ大統領からの何がしらの失策であろう。「あ~、やはりできなかったか」とか言ったように。

 それがどのタイミングで出来するのかはわからない。まずもって注目されるのは4月に発表される為替報告書だろうか。こちらは公約で中国を為替操作国に指定すると強調していた課題である。これだけ口で攻めまくって、何も報告書の内容が変わらないのであれば、政権のやる気を疑われるだろう。なおメキシコ国境の壁とか大型減税というのは財源を必要とするので、向こう6か月は明確な答えは出てこないものだと考えて対処すべきであろう。

日本時間 16時00分

 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
jfx記事 トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る