ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

7年間で250万円の資産を1150万円超にした
トラリピ犬さんの投資ヒストリーを大公開!

2017年05月23日(火)12:18公開 (2017年05月23日(火)12:18更新)
ザイFX!編集部

マネースクエアリピート系発注機能「トラリピ(トラップリピートイフダン)」を使って、7年で資産を4倍以上に増やした兼業トレーダーのトラリピ犬さん。いったい、トラリピ犬さんはどんな設定や資金管理で、トラリピ界のカリスマと呼ばれるほどの資産を築いたのでしょうか?

 その詳細は、マネー誌『ダイヤモンドZAi』2017年7月号の別冊付録『ほったらかしFXで稼ぐ!』の中で、あますところなく語られています。

 また、その内容はザイFX!経由でマネースクエアに新規口座開設するだけでもらえる、非売品のPDFハンドブックの中にも含まれているのですが、そちらにはさらに、トラリピ犬さんの最新トラリピ設定法を解説したザイFX!限定の特別レポートも載っています!

今回は、『ほったらかしFXで稼ぐ!』でトラリピ犬さんが語ってくれた内容から、その一部をご紹介します。


仕事と投資、両立の秘訣はトラリピにあり!

 「2010年に250万円で始めたFX口座が、去年(2016年)、1000万円を超えたんです」と言って笑顔を見せるのは会社員のトラリピ犬さん7年間で元金は4倍以上に。お見事!

 「発注はすべて『トラリピ』(トラップリピートイフダン)がやってくれました。自分で注文画面を開いて発注したのは数えるほどです」

 トラリピとは、マネースクエアが提供する発注管理機能。為替レートの動きをレンジ(範囲)で予測し発注する。一度発注すると、設定したとおりに新規と決済の取引をリピートする仕組みだ。

FX取引に費やす時間はなんと7年間、ほぼゼロ!

 「大学卒業後、就職した会社は残業がとても多く、朝8時に出勤し22時に帰れれば早いほう。ホテル泊も頻繁でした。それでも投資できる方法を探し、見つけたのがトラリピだったんです」

 彼が取引するのは豪ドル/円。かなり順調に資産を増やしているが、それでも紆余曲折はあったという。

 「トラリピは、設定時に決めるレンジ幅が重要なんです。そこを外すと収益は出ないわけで…」

 13~15年前半はその影響でほぼ資産が増えない状況だった。しかし、そこに一喜一憂せず、ほったらかしを続けた結果の1000万円超え

豪ドル/円相場とトラリピ犬さんの資産推移(クリックで拡大)
クリックで拡大

 「15年に転職して仕事は楽になったものの、その前年に長男が誕生して家事の担当も増えました。FXに使える時間はほぼゼロですが、トラリピなら空き時間に為替レートや約定履歴を確認する程度で済む。7年間、ムリなくFXを続けられています」

 そんなトラリピ犬さんのトラリピ活用術、詳しく見ていこう。

資金不足にならないようトラリピ設定を熟慮する

 トラリピ犬さんみたいに稼いでみたい! そう思った人が真っ先に学ぶべきはリスク管理=資金管理だ。具体的には何をすべきなのか。

 「為替市場は自分の想定どおりに動くとは限りません。最悪の事態に備えてトラリピを設定しておけば、思惑と違う方向にレートが動いても慌てずに運用を続けられるんです」

 トラリピには含み損を抱えやすい性質がある。買いのトラリピならレートが下がるごとに買い増していくからだ。反転してくれれば含み損が解消され、やがて利益確定できるのだが、怖いのは一直線の下落。含み損が拡大すると、証拠金が足りなくなり自動ロスカットされてしまう。

 「予想したレンジ内でレートが動き、運用が継続できてさえいれば、トラリピはコツコツ稼いでくれます。だから自動ロスカットは絶対に避けたい。そのために必要なのが資金管理です」

リーマン・ショック時の最安値55円を目安にする

 「まず、長期チャートを見て、トラリピを仕掛けるレンジを決めます。私が取引している豪ドル/円なら中心となるレンジが75円から90円程度。活発に売買してくれることを期待して、ここに買いで仕掛けています」

 買いで仕掛けるのは、スワップが受け取れるという理由からだ。次にチャート上で最安値を確認。「最悪ここに達するかも」と考えてトラリピの設定を決めていく。

 「豪ドル/円なら、リーマン・ショック時の最安値55円が目安です。今後この安値に達することがあっても資金が不足しないよう、仕掛けるイフダンの本数や1本の取引数量などを決めるんです」

 決める? どうやって?

マネースクエアには『らくトラ運用試算表』というツールがあります。資金量や発注したいトラリピの設定を入力すると、いくらで自動ロスカットされるかを計算してくれるんです。いわば資金管理を自動で計算してくれるツールですね」

ブレグジット時の円高の収益チャンスになった

 スワップ狙いもあり、買いで使う人が多いトラリピ。不安なのはリスクオフによる円高だ。前述のとおり、急落時にトラリピが買い下がったら、含み損はふくらむ一方になる。

 「多少の急落でも慌てないようリスク管理を行なっておくことが大前提。つまり、過去最安値を想定しての資金管理です」とトラリピ犬さん。

 先ほど紹介した資金管理さえしっかり行なっていれば、多少の円高局面でも余裕でほったらかしができる

 「16年6月の英国国民投票の日、豪ドル/円は10円近く急落しました。しかし、想定していた55円までは15円以上の余裕があったので焦ることはありませんでした。それに、急落時に成立した買いポジションが1カ月も経たずに利益確定されたので、7月の収益もかなりよかったです」

2016年 ブレグジット時のトラリピ犬さんの取引履歴(クリックで拡大)
クリックで拡大

 とはいえ、急落したまま低迷してしまう可能性もある。その場合はどうすればいいのか……


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 リピート系発注機能の元祖として、根強い人気を誇る「トラリピ(トラップリピートイフダン)」でおなじみのマネースクエア[マネースクエアFX]

【参考コンテンツ】
FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

 そのマネースクエア[マネースクエアFX]で、2017年5月19日(金)から、ザイFX!限定タイアップキャンペーンがスタートしました。

ザイFX!経由でマネースクエア[マネースクエアFX]に新規口座開設するだけで、今回、一部をご紹介したトラリピ犬さんの投資戦術のすべてがわかるマネー誌『ダイヤモンドZAi』2017年7月号の別冊付録『ほったらかしFXで稼ぐ!』の内容に、さらにザイFX!限定の特別レポートもついた、スペシャル仕様のPDF、『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiとトラリピ犬さんが作ったほったらかしFXで稼ぐ!』ハンドブック(非売品)がもらえます

 こちらのPDFハンドブックについている特別レポートは約8年間のバックテストデータから導き出された「トラリピ犬が考える『次世代型トラリピ設定』」というもの。これは本当に今回のザイFX!限定タイアップキャンペーンでしか入手できない貴重な特別レポートです。

 レンジ相場で威力を発揮するトラリピを試してみたい方は、この機会にぜひ、ザイFX!限定タイアップキャンペーンを利用した新規口座開設を検討してみてはいかがでしょうか。

 (※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについてはマネースクエア[マネースクエアFX]のウェブサイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>マネースクエア[マネースクエアFX]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

【2022年5月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さい、おすすめのFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~
1.6銭
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア
【MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント】
「MATSUI FX」は、全20通貨ペアの最低取引単位が「1通貨」なので、究極の少額取引が可能。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、取引コストも抑えられる。夕方以降の為替相場の見通しを動画で解説する「FXイブニングニュース」、経済指標の結果や為替レートの急変、売買シグナルの通知をLINEの公式アカウントから受け取れるサービスも魅力。レバレッジを4種類(25倍・10倍・5倍・1倍)のコースから選択できるなど、FX初心者も安心して取引できる環境が整っている。
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
【MATSUI FX(松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」の取引が可能で、スプレッドも業界最狭水準。大手証券のサービスで安心感もあり、FX初心者におすすめ!
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
0.0銭
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
0.1pips
原則固定
(ただし、取引数量に
よって変化)
~5/14までのキャンペーン
18ペア
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)のおすすめポイント】
「パートナーズFX nano」は、主要通貨ペアのスプレッドが非常に狭く、取り扱うすべての通貨ペアを「100通貨」単位で取引できるのが最大の特徴。米ドル/円は3万通貨までの取引量ならスプレッドが「0.0銭原則固定」なので、コストがまったくかからず取引できるという特徴もある。チャートを見ながらワンクリックで注文が出せる「クイック発注ボード」や、高機能ながら操作がわかりやすい取引ツールも魅力。初めてのFX口座としてもおすすめ。
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の特徴やおすすめポイントを解説!】「100通貨単位」の少額取引が可能なFX初心者におすすめのFX会社! スプレッドも業界最狭水準、東証1部上場企業の安心感も魅力!
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.30銭
(1~1000通貨の場合。例外あり)
0.19pips
(1~1000通貨の場合。例外あり)
34ペア 1通貨
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
SBI FXトレードは、全34通貨ペアを「1通貨単位」で取引できるのが最大の特徴。1000通貨以下の注文量なら、スプレッドはFXの業界の中でもっとも狭いので、1000通貨以下の取引量がメインの投資家は絶対に持っておきたい口座だ。情報コンテンツやサポートツールも充実していて、オリコンの顧客満足度調査(FX取引・初心者部門)で3年連続の1位を獲得しているのも納得。ネット証券最大手のSBI証券と同じ、SBIホールディングス(東証一部上場)のFX専業会社なので、信頼性も抜群。
【SBI FXトレードの関連記事】
【SBI FXトレードの特徴やおすすめポイントを解説!】「1通貨単位」での少額取引が可能な数少ないFX会社で、主要通貨ペアの1~1000通貨取引のスプレッドは業界最狭水準!
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
0.5銭
原則固定
0.4pips
原則固定
20ペア 1万通貨
(※南アランド/円など2通貨ペアは10万通貨)
【FXネオ(GMOクリック証券)のおすすめポイント】
「FXネオ」は、2020年と2021年のFX年間取引高が世界第1位、日本国内では2012年から10年連続で第1位(※)と、まさにFX業界を代表する口座。主要通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準で、多くのFX投資家から高い評価を得ている高機能な取引ツールも人気の理由だ。東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社のグループ会社という、高い信頼性と安心感もポイント。(※ともにファイナンス・マグネイト社調べ)
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~7/2までのキャンペーン
23ペア 1000通貨
【LINE FX(LINE証券)のおすすめポイント】
「LINE FX」は、全23通貨ペアを「1000通貨」単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できるのが最大の魅力。LINEアカウントとの連携で為替レートの急変や重要経済指標の結果などが即時に届く情報提供サービス、AIチャットを使った問い合わせサポートなどもFX初心者には嬉しいポイント。パソコンからの取引も可能だが、スマホ取引を徹底的に意識したサービス内容なので、スマホを使った取引をメインに考えている人におすすめ
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
【LINE FX(LINE証券)の特徴やおすすめポイントを解説!】「LINE」と連携した情報収集&スマホ取引が便利なうえ、スプレッドは業界最狭水準でFX初心者におすすめのFX口座!
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
~5/28までのキャンペーン
51ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など5通貨ペアは1万通貨、ハンガリーフォリント/円は10万通貨)
【LION FX(ヒロセ通商)のおすすめポイント】
「LION FX」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッドに51種類の豊富な通貨ペアと、高いスペックで初心者にもやさしい口座。27種類の多彩な注文方法、取引環境に応じて選べる豊富な取引ツール、FX業界ではおなじみの趣向を凝らしたグルメキャンペーン、過去の取引からトレーダーのクセを分析して視覚化してくれる機能など、充実したサービスも人気の理由だ。JASDAQの上場企業で、国際的な社会貢献活動にも力を入れている。
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
【LION FX(ヒロセ通商)の特徴やおすすめポイントを解説!】業界最狭水準のスプレッド、51種類の豊富な通貨ペアに加えてグルメキャンペーンも充実していて、総合力はトップクラス!
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~
1.9銭
0.4~
4.4銭
0.3pips
原則固定
(9-27時)
~5/28までのキャンペーン
38ペア 1000通貨
(※ノルウェークローネ/円など4通貨ペアは1万通貨)
【MATRIX TRADER(JFX)のおすすめポイント】
「MATRIX TRADER」は、最低取引単位が「1000通貨」、業界最狭水準のスプレッド、新興国通貨のスワップポイントの高さで人気の口座。約定力が高く、スキャルピングや連打注文を容認するほどの優れた取引環境もポイント。ツイッターのフォロワー数が10万人を突破した、元為替ディーラー・小林芳彦社長の配信する短期売買方針は当たると評判。ロイターの経済指標速報がほぼリアルタイムで配信されるなど、情報サービス面の充実ぶりもFX初心者には心強い。ヒロセ通商の完全子会社で、グルメキャンペーンも充実している。
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
【MATRIX TRADER(JFX)の特徴やおすすめポイントを解説!】「狭いスプレッド」と「高い約定力」で、超短期売買も可能! FX初心者にも役立つ「会員限定コンテンツ」も充実のFX会社!
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
非公開 0.4銭
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
0.3pips
原則固定
(例外あり)
(9-27時)
~6/4までのキャンペーン
30ペア 1000通貨
(※ロシアルーブル/円は1万通貨)
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)のおすすめポイント】
「外貨ネクストネオ」は、最低取引単位が「1000通貨」、主要通貨ペアを業界トップ水準のスプレッドで取引できるのが魅力。速報系のマーケットニュースや、オリジナルの学習コンテンツが豊富なので、FXの情報を収集するために作っておいて損はない口座だ。「外貨ネクストネオ」で取引している投資家の注文状況がわかる「外為注文情報」、ポジションを決済せずにスワップポイントを引き出せる機能など、便利なサービスも充実している。
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)▼
詳細はこちら(公式サイトへ)
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER]
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る