ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECB発表でドラギ総裁の発言を否定、
欧州通貨は波乱ムードに

2017年06月29日(木)16:19公開 (2017年06月29日(木)16:19更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は前日からのリスクオフの流れが継続して、アジア時間でもドル円はちょっと頭を抑えられた格好となった。積極的に高いところを取っていく動きに乏しく、海外市場へシフトした時点でドル円は112円台割れを喫した。しかし依然としてドル円の値幅は小さい。

 ここはやはり盛り上がりだしたユーロに手を出すべきであろう。ユーロドルの高値追いの動きはおさまっておらず、アジア時間でも前日の高値を抜けてくるなど、堅調さを維持している。私も欧州序盤でユーロドルをロングにしてみた。

 しかし21時過ぎにECB発表ということで、前日のドラギ総裁の発言内容を市場が誤解しているとした報道が流れた。最初にユーロドルの急落が来たので、何が起こっているのかは最初はわからなかった。自分のユーロの投げ売りストップがダンになってはじめて、調べにいったという次第だ。

 最初から予見できるものでもなく、損切りがついたにしても仕方がない。まあ、そのためにストップ注文を入れているようなものだ。損切りは悔しいが、損失が膨らまさないためという当初目的にはかなっている。もしも不満があれば、また同じ方向で相場に入ればいいだけのことだ。

 ユーロドルは100ポイントほども急落したのだが、すぐに値を戻してきた。ニューヨーク序盤では何事もなかったかのように振る舞っている。そして住宅予約件数のデータが悪かったので、それでドル売り。ユーロドルは完全に元のレベルに戻ってしまった。

 米系の金融機関のストレステストが終了したことは予想通りではあったが、これによって金融機関は自社株買いや増配が可能となった。マーケットでは一気に期待が膨らんだ。市場のリスク許容度が高まって、米国株は大きく上昇。

 そしてリスクオンによってニューヨーク時間ではクロス円が伸びた。昨晩のドラギ総裁と同じような感じでカーニー総裁の発言が材料視され、今度はポンドが上昇。ユーロの戻りも歩を合わせるように、ポンドドルは1.29台まで値を戻してきている。

 今晩は大きなイベントはない。しかし欧州通貨が荒れはじめそうな雰囲気を醸し出している。いつものことだがドラギ総裁のあんまり深く考えもしないで発しているコメントにマーケットが振りまわされそうだ。いましばらくはユーロもポンドも、欧州通貨はロングすることでついていってみたいものである。

日本時間 16時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る