ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

バノン氏解任でドル反発するも、
ドル安のゆくえキープウォッチ

2017年08月21日(月)15:08公開 (2017年08月21日(月)15:08更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 先週の金曜日はアジア時間ではドル円はなんとか109円台をキープできたものの、欧州序盤で108円台に突入してきた。108円台というのは今年の安値圏でもあるので、拾いたい人は絶好のお拾い場である。

 しばらくは需給的にもビッドが強いだろうと考えて、私は108円台での突込み売りは慎んだ。むしろスモールでもいいからロングにしてみたいところである。

 ドル円は108円台のまま値を戻さずにニューヨーク序盤を迎えた。米国株も下げ幅を拡大してスタートし、リスク回避の勢いがますます強まってきた。ミシガン大学の景況指数もほとんど見兎視されて、ドル円も108円台の中盤まで差し込んだ。よほどトランプ政権に対する懸念が強いのだろう。

 そこで出てきたのがバノン氏の解任騒動だった。トランプ政権の不安定さを露呈した格好となるものだが、マーケットではこれを好感したようだ。リスクオフの流れはおさまって、米国株は急上昇。ドル円は1円の急反発を見せた。

 私は寝てしまっていたが、朝になってPC画面を見ると109円台になっていたので、何かあったのかなと感覚的に理解できた。しかし米国株も戻りは重く、ドル円も上昇分のおよそ半分を押し戻されている。完全にリスク許容度の回復とまではならなかったようだ。

 今週は週の後半にジャクソンホールの会議があるので、イエレン議長やドラギ総裁の発言に注目が集まる。しかし逆に言うと、それまでは大きな材料がない。マーケットの関心は依然としてトランプ政権の脆弱さにあるわけで、それがドル相場を弱める方向でワークしている。

 またドル円も今年の最安値に近付いてきたので、そこを下回ってきた場合の挙動にも注意が必要だ。とりあえず東京時間では109円台前半で小動きを続けている。

 

日本時間 15時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る