ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クリスマス休暇モードの為替相場、
カタルーニャ選挙にも無反応

2017年12月22日(金)15:57公開 (2017年12月22日(金)15:57更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 米議会で減税法案が通過した。この通過に至るまで期待を込めてマーケットはリスクテークに傾いたが、ニューヨーク時間では失速。これは金曜日に迫っている暫定予算の期限切れに対する対策と、スペイン・カタロニア州の議会選挙で独立支持派が優勢と報じられたからだ。

 それまで上げていた米国株はニューヨーク終盤でそのゲインをほとんど吐き出し、ドル金利の上昇も止まった。その間にも為替相場は実に小動きで、ドル円もユーロドルも30ポイントほどしか動かなかった。

 もちろんクリスマスに向けての連休モードに入っているのは認識している。市場参加者も徐々に減っていくのもうなづける。相場の変動が鈍くなってくるのも仕方がないところだ。国連でエルサレム問題を協議しても、北朝鮮への制裁措置を論じても、マーケットはまったく反応しなくなった。

 さて今年も残り1週間である。そこで今年1年のマーケットを振り返ってみよう。昨年の11月にアメリカの大統領選がああって、それがマーケットにリスクテークを促した。トランプラリーである。

 それで今年の1月は118円台をつけて始まった。もちろんこの時点ではもっと上がると考えられていた。それゆえの高値圏である。またFRBの金融政策も年に4回のタイトニングが見込まれていて、金利面からのドル買いも促されるはずであった。

 しかし2月あたりから市場の関心の的となったのは、北朝鮮問題であった。弾道ミサイルの開発が終局に差し掛かったようで、性能の向上が見られる。これが地政学的リスクの増大をもたらし、ドル円は一方的に上げることはなくなった。

 ミサイルが日本の上空を飛び越えたときは、初めてのJアラートが鳴ったりした。北朝鮮は核実験も行い、ドル円は年初では誰も想像もしなかったレベルである107円台まで落ち込んだ。

 マーケットのリスク要因はほかにもあった。イギリスのハードBREXIT問題や、スペインのカタロニア独立問題である。しかしマーケットに与えるリスクの影響は、実に軽微なものであったとしか言いようがない。

 トランプ大統領を筆頭にして、あまりにも多くのリスク材料が並んだせいもあったのだろう、マーケットはリスクに鈍感になった感が強い。ドル円は1年の半値あたりを中心に、比較的に安定的な動きをしている。

日本時間 16時00分

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る