ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

玉虫色のOPEC総会でクロス円強含み、
イベント少なくワールドカップに関心

2018年06月25日(月)15:55公開 (2018年06月25日(月)15:55更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 先週の金曜日はアジア時間ではドル円は110円ちょうどを挟んでの一進一退。まったく動意がなかった。それは欧州時間に開かれるウイーンでのOPEC総会の結果待ちだ。

 そしてこの日はOPECの総会くらいしか、目立った材料はなかった。私もマーケットが何がしらの動きを示すまでは、動きたくても動けない。動いたほうについていこうにも、動かないものは仕方がない。

 トランプ政権の核合意破棄で、イラン産の原油が市場に出回らないことを恐れて、すでに原油は70ドル台まで上がってきたのは記憶に新しい。その後にサウジやロシアが主導して産油国内で増産体制を築き上げることで、コンセンサス作りは試されてきた。

 それで原油価格も65ドルを割り込むくらいまで軟調になってきていたのだが、ここにきていくつかのOPEC加盟国が増産に反対したりもする。価格下落を渋ってのことだ。

 そして出てきたOPEC総会からの結論も、実に玉虫色の回答となってしまった。名目で100万BPDの増産は目指すが、実質は60万BPDにするということ。これはイランに対する政治的配慮の色合いが強い。

 最大で100万BPDの増産もありうると見込んでいたマーケットは、予想を下回る量だったという解釈に至った。原油価格は顕著に上昇し、70ドルちょうどの手前まで上がって、そのまま高値圏を維持している。

 原油価格はリスク相場の代表みたいなものだ。そこで原油価格の上昇は即座に株高をもたらす。米国株は上昇し、ダウ平均は9日続落を免れた。

 リスクテークの相場展開になってもよさそうなものなのに、ニューヨーク時間では総じてドル円の利食い売りが出てきて優勢となり、またユーロ円も重い足取りを強いられることとなった。ユーロドルは日中の高値圏でおわることとなったが、1.16台の後半からはオファーもしっかりと並んでおり、簡単には上に行きそうもない。

 今日もイベントが少なく、中休みといったところだろう。ワールドカップのほうがそろそろグループリーグの最終戦を迎えているので、世の中の関心はそちらに移ってしまっている。各国要人も国際会議を理由にして、ロシアに観戦に行っているくらいだ。

 原油価格が高騰してきており、大台の70ドル台をはさんでのせめぎあいがマーケットのリスク許容度のありようを決定することになりそうだ。このままズンズンと原油相場が上がっていくことは想像しにくい。

 しかしもしも72ドル台とかまで突破してくるようならば、リスクフルということでドル円も高くてもロング攻めに傾けていってもいいのではなかろうか。しかし朝から貿易問題を意識して、リスク回避からの円高がやや進んではいる。


日本時間 15時50分


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る